F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   最強TOM’S、またもや1-2!!–スーパーGT鈴鹿300km決勝

NEWS

最強TOM’S、またもや1-2!!–スーパーGT鈴鹿300km決勝

2019AUTOBACS SUPER-GT第3戦『SUZUKA GT 300km RACE』の決勝レースは、5月26日に3万6000人を集めた鈴鹿サーキットで行われ、予選でフロイトローを占めたTOM’Sの36au TOM’S LC500(中嶋一貴/関口雄飛)と37KeePer TOM’S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)が1-2のままゴール。GT300クラスも、96K-tunes RC F GT3(新田守男/阪口晴南)が勝ち、灼熱の鈴鹿サーキットは“レクサス・デー”となった。

とはいえレース内容は、気温以上に熱く展開し、300kmにわたる激戦が繰り広げられた。
 17周目に選手権をリードする23MOTUL AUTECH GT-R(ロニー・クインタレッリ)が130Rでコースアウト、セーフティカーが入った。22周目からレースは再開。au TOM’SとKeePer TOM’S、WAKO’S 4CRの3台のLEXUS LC500によるトップ争いが繰り広げられ、トップのau TOM’S LC500が逃げきって今季初優勝を決め、表彰台をレクサスが独占、
4位に、ARTA NSX-GT、NISSAN GT-R NISMO GT500の最上位は8位リアライズコーポレーション ADVAN GT-R(高星明誠/ヤン・マーデンボロー)だった。

GT300クラスは、ポールポジションのHOPPY 86 MC(佐藤公哉)が逃げ、予選2位のK-tunes RC F GT3(新田守男)が追う展開。HOPPY 86 MCはタイヤ無交換作戦に出たが、灼熱でタイヤが厳しくペースダウン、K-tunes RC F GT3がトップを奪って、今期2勝目、昨年に続いて鈴鹿を制し、新田は自らが持つGT300クラス最多勝を22勝に伸ばした。

GT500クラス優勝コメント
中嶋一貴
「今日は走り始めからクルマの調子が良くて、最初からプッシュしてギャップを拡げていき(後半の関口)雄飛に渡そう、としました。リードを拡げたところでセーフティカーが出たのはちょっとアンラッキーだったけれど、ほぼプラン通りのレースになりました」

関口雄飛
「交代して一時ペースが遅くなったのは、タイヤを気遣ったのとGT300との巡り合わせが悪かったからでした。このまま逃げても終盤にはタイヤがきつくなると思い、それならば相手(後続の6号車)にタイヤを使ってもらおう、と作戦を変えました。(車両の)背後に着くとダウンフォースが抜けてタイヤを酷使するんですよ。だから、僕も想定通りのレースができました」

GT300クラス優勝コメント
新田守男
「タイヤが厳しくなって2番手のまま阪口にバトンタッチすることになりました。開幕戦では僕だけが走って勝ったので、今回は晴南と一緒に走って勝ちたかった。それができて嬉しいです」

阪口晴南
「トップから僅差の2番手で新田さんから渡されましたが、最初から最後までプッシュする作戦でした。新田さんからのアドバイスで選んだタイヤは、最後までプッシュし続けられたので、トップとのタイム差をピットに聞きながらプッシュし続けて、逆転したところで優勝できると確信しました」

◆スーパーGT第戦トップ10
<GT500>
1. 36 au TOM’S LC500 中嶋一貴/関口雄飛 BS
2. 37 KeePer TOM’S LC500 平川亮/ニック・キャシディ BS
3. 06 WAKO’S 4CR LC500 大嶋和也/山下健太 BS
4. 08 ARTA NSX-GT 野尻智紀/伊沢拓也 BS
5. 39 DENSO KOBELCO SARD LC500 ヘイキ・コバライネン/中山雄一 BS
6. 38 ZENT CERUMO LC500 立川祐路/石浦宏明 BS
7. 19 WedsSport ADVAN LC500 国本雄資/坪井翔 YH
8. 24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R 高星明誠/ヤン・マーデンボロー YH
9. 03 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 平手晃平/フレデリック・マコヴィッキ MI
10. 12 カルソニック IMPUL GT-R 佐々木大樹/ジェームス・ロシター BS

GT300モレクサス。新田守男が記録更新の22勝目。

<GT300>
1. 96 K-tunes RC F GT3 新田守男/阪口晴南 BS
2. 05 ADVICS マッハ車検 MC86 マッハ号 坂口夏月/平木湧也 YH
3. 61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口卓人/山内英輝 DL
4. 04 グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口信輝/片岡龍也 YH
5. 25 HOPPY 86 MC 松井孝允/佐藤公哉 YH
6. 55 ARTA NSX GT3 高木真一/福住仁嶺 BS
7. 34 Modulo KENWOOD NSX GT3 道上龍/大津弘樹 YH
8. 21 Hitotsuyama Audi R8 LMS リチャード・ライアン/富田竜一郎 YH
9. 11 GAINER TANAX GT-R 平中克幸/安田裕信 DL
10. 60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 吉本大樹/宮田莉朋 DL

【STINGER】
photo by GTAGTA

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン69ポイント
2位マックス・フェルスタッペン61ポイント
3位ランド・ノリス37ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG101ポイント
2位レッドブル・ホンダ83ポイント
3位マクラーレン53ポイント
more
情報なし