F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   大荒れレースでパジェノー3勝目–2019NTTインディカー第10戦

NEWS

大荒れレースでパジェノー3勝目–2019NTTインディカー第10戦

NTTインディカー第11戦がトロントの市街地コースで行なわれ、インディ500で優勝したシモン・パジェノー(シボレー)が今期3勝目を飾った。

レースは、スタート直後に、中団のウィル・パワー(シボレー)が強引にグラハム・レイホール (ホンダ)のインに飛び込んで接触、いきなりフルコースコーションの荒れ模様で始まり、85周レースの最終ラップで、ウィル・パワーがバリアに単独クラッシュ。2019NTTインディカー第10戦は、ウィル・パワーの接触で始まり、ウィル・パワーのクラッシュで幕を閉じた。

佐藤琢磨(ホンダ)は、10番手からダッシュを決めて8位でレースを始め、土曜日につかみ合いの場内バトル(!?)を実演したセバスチャン・ブルデー(ホンダ)をフルコースコーション明けにパスして7番手を得ると、最初のタイヤ交換を19周まで引っ張って10番手でコースに戻り、以後も安定した周回を続けて上位入賞が期待されたが、終盤にエキゾーストパイプから盛大に火を吹き、ピットに戻ってリタイアを喫した。

「調子がよかっただけにとても残念」と琢磨。

インディカーは、今回の第10戦の市街地コースから、来週はオーバルのオーバルアイオワ300、その翌週はロードコースのミッドオハイオ・ホンダ・インディ200と3連戦に突入した。

◆2019NTTインディカー第10戦トロントトップ10
1. シモン・パジェノー C
2. スコット・ディクソン H
3. アレクサンダー・ロッシ H
4. ジョセフ・ニューガーデン C
5. フェリックス・ローゼンクヴィスト H
6. ジェイムス・ヒンチクリフ H
7. コルトン・ハータ H
8. セバスチャン・ブルデー H
9. グラハム・レイホール H
10. マルコ・アンドレッティ H
佐藤琢磨 H リタイア
※C=シボレー / H=ホンダ

[STINGER]山口正己
photo by INDYCAR

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more
情報なし