F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   インディカー第14戦の際どいクラッシュから生還した佐藤琢磨のコメント

NEWS

インディカー第14戦の際どいクラッシュから生還した佐藤琢磨のコメント

8月18日日にペンシルヴェニア州のポコノで決勝レースが行なわれたNTTインディカー第14戦は、スタート直後のアクシデントで5台の先頭集団がクラッシュする厳しい闘いとなった。レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのNo.30 Mi-Jack/パナソニック・ダラーラ・ホンダを駆る佐藤琢磨もそのキッカケとなるアレクサンダー・ロッシとの接触からスピン、左の壁から右の壁に弾かれ、ライアン・ハンターレイ、ジェイムス・ヒンチクリフ、そしてフェリックス・ローゼンクヴィストと接触し、転倒してコース上を滑走する際どいアクシデントでリタイアを喫した。

ローゼンクヴィウトを除く他の4人は、コース内のメディカルセンターでケガがないことが確認され、地元の病院に搬送されたローゼンクビストも無事が確認され、すでに退院している。

佐藤琢磨のコメント
「まず心配なのはフェリックスのことでした。チャンピオンシップを戦うドライバーたちには申し訳ないと思っています。ライアンと僕はターン1の出口でレースをしていて、アレクサンダーはスタートが少し遅かったようです。僕たちは(ロッシの)右と左に分かれて進み、すべてクリアできると思っていました。路面の継ぎ目のおかげで進路が乱され、どのドライバーも接近していました。そうしたなかで、僕たちは不運にも接触してしまいました」

【STINGER】
photo by INDYCAR

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン381ポイント
2位バルテリ・ボッタス314ポイント
3位シャルル・ルクレール249ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG695ポイント
2位フェラーリ479ポイント
3位レッドブル366ポイント
more

NEXT RACE

ブラジルGP
インテルラゴス・サーキット

開催日
2019/11/15〜11/18
(日本時間)