F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   「インディ500優勝に次ぐ嬉しさ」–今期2勝目、佐藤琢磨のコメント

NEWS

「インディ500優勝に次ぐ嬉しさ」–今期2勝目、佐藤琢磨のコメント

2019年8月24日土曜日のナイトレースとして、イリノイ州のワールドワイド・テクノロジー・レースウェイでインディカー・シリーズ・セントルイス戦の決勝レースが行なわれたインディカー第15戦で今期2勝目、インディカー・シリーズ5勝目を記録したレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのNo.30 Mi-Jack/パナソニック・ダラーラ・ホンダに乗る佐藤琢磨。

セントルイスでの自己ベストの5番グリッドからスタートした琢磨は、オープニングラップで3ワイドの中央に挟み込まれる形になり、ハンター-レイと軽く接触した影響もあって13番手まで後退。さらに、44周目に最初のピットストップを行なった結果、最後尾に転落したが、チームは諦めまず、逆転を狙った。

勝敗を分けたのは、188周目。最初の2回のピットストップを予定し、ピットストップのタイミングにも2度助けられたおかげでトップに浮上。直後の190周目にブールデがクラッシュしてイエローが提示され、琢磨、カナーン、カーペンティア、ニューガーデンを除くドライバーはすべて周回遅れとなった。

琢磨がリードを守ったまま205周目にレースは再開。2番手のカナーンを徐々に引き離すが、残り4周でカーペンティアがカナーンをパスして琢磨に接近。接戦となりましたが、琢磨はカーペンティアを0.0399秒差で抑えきって優勝。琢磨がシーズン中に2度以上優勝したのは今回が初めて。この結果、琢磨は通算ポイントを382点とし、ランキングは8番手から6番手に浮上した

次のインディカー第16戦は、来週の9月1日に決勝を行なうポートランド。で琢磨が昨年優勝したレース。琢磨は2連勝をかけて挑む。

佐藤琢磨のコメント

サポートしてくださっている皆さんになんとお礼を申し上げればいいのか言葉が見つかりません。難しいことがあった次のレースだったので、本当に特別な気持ちです。ここに来て予選を力強く戦うことができたことについて、チームを誇りに思っています。レース、2台に挟まれる難しいスタートとなりました。最初のスティントも難しい展開でしたが、ボクたちは落ち着いて自分たちの仕事をこなし、自分たちを信じ、チャンスを掴み取りました。続くふたつのスティントではペースもよく、必要とされていた燃料のセーブにも成功します。そして、あのイエローが出ました。たしかに、あれはボクたちにとって幸運だったと思います。この勝利は、僕を支えてくれたチームのおかげです。彼らのために優勝できて、本当に嬉しく思っています。とても、とても、幸せな気分です。最後のリスタートは遅かったかもしれませんが、コンスタントなスピードでした。集団をコントロールするために、使えるアドバンテージはすべて使わなければいけなかったのです。その後は、鮮やかにリードを広げていったといっていいでしょう。レースを盛り上げたのは、タイヤのデグラデーションでした。最後の20周でトニーと僕は同じように苦しみましたが、エドは本当に素晴らしいスピードで追い上げてきました。最後の5ラップはとても苦しみました。僕は絶対にマシーンをフィニッシュラインに持ち込みたかったのですが、なんとかそれを成し遂げました。

(「インディ500を除けば、今回の優勝がもっとも嬉しかったのではないですか?」との質問に対して)はい、それは間違いありませんね。ポールポジションから優勝したバーバーも特別な一戦でした。週末を完全に制覇したという点でチームが果たした役割は大きく、大きな満足感を味わいました。でも、いまご指摘があったとおり、インディ500を除けばこの優勝は本当に特別です。とても感激しています。僕に、信じられないくらいの力を授けてくれました。続く2レースも、とてもエキサイティングな戦いになるでしょう。チャンピオン争いも刺激に満ちたものになるはずです。できれば、シーズンが終わるまでにもう少し順位が上がるといいですね。チームのサポートは信じられないくらい素晴らしいものでした。本当に嬉しいです。レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの一員であることを誇りに思います。

【STINGER】
photo by ©SPORTS BIZ

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン284ポイント
2位バルテリ・ボッタス221ポイント
3位マックス・フェルスタッペン185ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG505ポイント
2位フェラーリ351ポイント
3位レッドブル266ポイント
more

NEXT RACE

シンガポールGP
マリーナ・ベイ市街地サーキット

開催日
2019/09/20〜09/22
(日本時間)