F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   タナック首位堅持–WRC第12戦 ラリー・グレートブリテンDAY3

NEWS

タナック首位堅持–WRC第12戦 ラリー・グレートブリテンDAY3


10月5日(土)、2019年FIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦ラリー・(GB)のデイ3がウェールズ中部を中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオット・タナックのヤリスWRCがトップを堅持。

ラリーGBのデイ3は、サービスパークから南に100km以上離れた、ウェールズ中部の森林地帯を中心に行われた。ダイフィ、メイヘリン、スウィートラム・ハフレンという有名なグラベル(未舗装路)を2回ずつ走り、最後はコルウィン・ベイでターマック(舗装路)ステージを走行。SS合計151.24kmで4日間で最長の1日だった。

ウェールズ中部は天気が安定せず、断続的な雨で泥状になった路面はグリップが安定しない難しいコンディションとなった。

タナックはSS2番手タイムを5回記録するなど速いペースを維持。1日の最後を飾るコルウィン・ベイのステージではベストタイムを刻み、総合2位、ヒュンダイのティエリー・ヌービルとの差を11秒に広げた。

オット・タナック
「とてもタフな1日でした。最後のステージでは濃い霧が出始め、路面はかなり荒れていました。リヤバンパーを失ったことで車内が騒音に包まれ、ペースノートを読み上げる声が聞き辛く苦労しました5

「タイム差は小さくまったくリラックスできません。ウェールズでは驚くような事が起こり、常にギリギリの状態で戦っているので、マージンを持って最終日に臨めるのは有利だと思います」

最終SSでRC2クラス3番時計を記録した勝田貴元は、総合15番手で3日目を終えている。

◆ラリー・グレートブリテン・ デイ3の結果
1. オット・タナック トヨタ ヤリスWRC 2h42m02.7s
2. ティエリー・ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC +11.0s
3. セバスチャン・オジェ シトロエン C3WRC +17.3s
4. クリス・ミーク トヨタ ヤリスWRC +26.5s
5. アンドレアス・ミケルセン ヒュンダイ i20クーペWRC +46.9s
6. エルフィン・エバンス フォード フィエスタWRC +51.4s
7.テーム・スニネン フォード フィエスタWRC +3m07.9s
8. ポントゥス・ティディマンド フォード フィエスタWRC +4m59.6s
9. クレイグ・ブリーン ヒュンダイi20クーペWRC +9m16.0s
10. カッレ・ロバンペラ シュコダ ファビアR5 +9m30.2s
15. 勝田貴元 フォード フィエスタR5 +12m12.9s

【STINGER】
photo by GAZOO RACING

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more
情報なし