F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   勝田貴元、ヤリスWRCで凱旋優勝!!–セントラルラリー愛知・岐阜2019

NEWS

勝田貴元、ヤリスWRCで凱旋優勝!!–セントラルラリー愛知・岐阜2019

11月7日(木)~10日(日)に、2020年のWRC日本大会に向けたテストラリーとして、サービスパークだけで1万人の観客を集め、愛知県と岐阜県を舞台に開催された「セントラルラリー愛知・岐阜2019」で、勝田貴元が、国内ラリーを初めて走ったヤリスWRCで優勝した。

今回、2020年のWRCラリージャパン開催がFIA(国際自動車連盟)により承認されたことを受けて、想定されるコースや施設の一部を使ったテストラリーとして開催。愛知県長久手市の愛・地球博記念公園(通称モリコロパーク)に置かれたサービスパークを拠点とし、愛知県と岐阜県にまたがる中部地方の山間部の舗装路に、スペシャルステージが設定され、低速セクションからハイスピードコーナーまで、バリエーション豊かなコースを舞台に熱戦が展開された。

また、トークショーやクルマ関連の様々な催しが行われたギャラリーエリアには連日多くの観客で賑わいを見せ、来年に向けての盛り上げに効果を上げた。

ラリーを前に勝田貴元は、「来年ラリージャパンで走るチームのために、距離を稼いでデータを持ち帰るのが目標です。日本での開催ということもあり、たくさんのファンの皆さんの前で良い走りも披露したい」と語っていた。

ラリー初日、詰めかけたファンの前で、日本特有の狭い道への対応に苦労しながらも、勝田はすべてのSSでベストタイムを記録。後続に1分30秒以上の大差をつけて、首位で初日を折り返し、最終日もデータを取得しながら安定したペースで走行を続け、全SSでベストタイムを記録して総合優勝を達成した。

勝田貴元
「たくさんファンを見て、正直驚きましたし、本当にうれしかったです。日本のラリーファンや、今回ファンになってくれた皆さんの前で走り切れたことに、ほっとしています」

「狭くツイスティな日本特有の林道をヤリスWRCで走ることは、難しい面もたくさんありましたが、いい経験を積めたと思います。来年のWRCラリージャパンでは、もっともっとラリーの魅力を知っていただき、モータースポーツ全体も盛り上げていけるように頑張りたいです」

トミ・マキネン(ガズー・レーシング ワールドラリーチーム代表)
「日本でのWRC開催は長い夢でした。2020年のカレンダー入りが決まり、そして今回テストイベントが成功に終わったことを、心からポジティブに感じています。どこを見渡してもたくさんのファンが集まり、雰囲気も本当に素晴らしかった」

「タカモトは、母国ラリーをエンジョイし、最高の瞬間を味わったはずです。今シーズン、着実にスピードを増し、才能を証明しつつあります。来年、またここにチームとして戻ってくることが楽しみです」

◆セントラルラリー愛知/岐阜2019 国際格式クラス結果
1. 勝田貴元/ダニエル・バリット トヨタ・ヤリスWRC 1時間19分33秒9
2. 新井大輝/イルカ・ミノア シトロエンC3 R5 +3分50秒0
3. 福永修/齊田美早子 シュコダ・ファビアR5 +6分18秒0
4. ヘイキ・コバライネン/北川紗衣 トヨタGT86 CS-R3 +9分17秒2
5. 坂地広之/奥村久継 スズキ・スイフトスポーツ +22分18秒8
6. 萩原泰則/中里守利 スバル・インプレッサWRX STI +3分53分38秒6

【STINGER】
photo by [STINGER]

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more
情報なし