F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   トヨタTS050破れる!!–WEC2019-2020第3戦上海4時間

NEWS

トヨタTS050破れる!!–WEC2019-2020第3戦上海4時間

FIA世界耐久選手権(WEC)の第8シーズンの第3戦上海4時間で、ポールポジションからスタートしたレベリヨンレーシングのR13-ギブソンが優勝した。

WEC創立以来8年目でノンハイブリッドカーが総合優勝したのは4回目。スイスのレベリヨン・レーシングは、WECで2度目の総合優勝となった。

ブルーノ・セナ/グスタフ・メネゼス/ノーマン・ナトーは、2位のブエミ/中嶋一貴/ハートレーのトヨタTS050 HYBRIDに1分以上の差をつけてチェッカードフラッグを受けた。

3位も、トヨタTS050 HYBRIDのロペス/小林可夢偉/コンウェイだったが、フライングスタートでドライブスルー・ペナルティーを受け、勝利を逸した。

いつもどおり激しいバトルが展開したLMP2クラスは、ダ・コスタ/ゴンザレス/デビッドソンのオレカ07ギブソンが、2015年スパ-フランコルシャン以来のクラス優勝であり、グッドイヤー・タイヤのWECの供給を始めて3戦目の勝利になった。
​​
次のFIA WEC第4戦バーレーン8時間は、12月12日-14日におこなわれ。

【STINGER】
photo by FIA WEC

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more
情報なし