F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   最終ラップにギュンター逆転優勝!!

NEWS

最終ラップにギュンター逆転優勝!!

フォーミュラE2019-2020第3戦がサンティアゴで予選/決勝を行ない最後の土壇場で終盤2位に交代していたマッシミリアーニ・ギュンターが、ダ・コスタを逆転して優勝した。

予選では、ジャガー・レーシングのミッチ・エバンスがBMWのマッシミリアーニ・ギュンターを大きく突き放すポールポジション、唯一F1ウィナー経験者のフィリッペ・マッサが4番手からスタートし、24台の注目のバトルがスタートした。

3番手スタートのパスカル・ウェーレインが2番手にポジションを上げ、8番手グリッドのストフェル・ヴァンドーンが7番手に進出してレースが始まり、後方では1周目から接触事故が起き、シムスがとばっちりでマシンにダメージを負った。

フィリッペ・マッサは6番手に順位を落として2周目、ロッテラーがシムスをつついてハーススピン、シムスも負けじと当て返す展開。

その後も、接触が相次ぎ、フルコースイエローを挟んで荒れたレースが続き、中盤、ギュンターがエバンスを交わしてトップに立ち、同じころチャンピオンのディ・グラッシが接触で壊れたノーズでフロントタイヤを痛めてピットイン/リタイア。その後、ダ・コスタもエバンスをオーバーテイク、ギュンターの背後から温存したバッテリーでプレッシャをかけ続け、残り2分30秒+1周のところで、強引に当てながら前に出たが、最終ラップにギュンターが最後のパワーを振り絞ってダ・コスタからトップを奪い返して、BMWが2戦連続のチェッカードフラッグを受けた。

途中、F1で11勝しているベテランのマッサと、F1予備軍最前線のニック・デ・ブリースのバトルや、22番手スタートのディ・グラッシのオーバーテイク祭りなど見どころもあったが、今回もぶつけ合いの様相があちこちで露顕して、まだまだ発展途上であることが証明されるレースだった。

【STINGER】
photo by FormulaE

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン63ポイント
2位バルテリ・ボッタス58ポイント
3位マックス・フェルスタッペン33ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG121ポイント
2位レッドブル55ポイント
3位マクラーレン40ポイント
more

NEXT RACE

ベルギーGP
スパ-フランコルシャン・サーキット

開催日
2020/08/28〜08/30
(日本時間)