F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   WRC第2戦ラリー・スウェーデン シェイクダウン–ロバンペラ最速/ヤリストップ3–勝田貴元好調!!

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

WRC第2戦ラリー・スウェーデン シェイクダウン–ロバンペラ最速/ヤリストップ3–勝田貴元好調!!

雪の少なさに主催者御難。

2020年FIA世界選手権ラリーWRC第2戦、シーズン唯一のフルスノーイベントラリー・スウェーデンのシェイクダウンが行なわれ、ヤリスWRCのカッレ・ロバンペラ/ヨンネ・ハルットゥネン組(ヤリスWRC 69号車) がシェイクダウン1でトップタイム記録、明日から始まる森林ステージに向けて、幸先の良いスタートを切った。

今年の暖冬で、当初予定のステージの多くが雪不足でキャンセルされ、主催者は雪や氷が残るステージのコンディション維持および改善を強いられた。ステージの一部区間は完全にグラベルが露出し、ドライバーはタイヤの変化を予見しなければならないむずかしいコンディションとなった。

開幕戦ラリー・モンテカルロに続いて参戦したTOYOTA GAZOO Racing WRCチャレンジプログラムの勝田貴元は、シェイクダウン1で6番手、シェイクダウン2で7番手タイムを記録して駿足を見せた。

カッレ・ロバンペラ
「朝のシェイクダウンのようなコンディションを走ったのは初めてだったので、とても運転が難しく感じましたが、タイムはとても良く、またタイヤを含めた色々な変化を知る興味深い体験でした」

14日は、4本のSSの合計距離63.68km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は264.49kmとなる。

[STINGER]

photo by TOYOTA GAZOO Racing

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER