F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   レベリオンPP-トヨタ2-3–WEC2019-2020年第5戦ローン・スター・ル・マン予選

NEWS

レベリオンPP-トヨタ2-3–WEC2019-2020年第5戦ローン・スター・ル・マン予選

トヨタ勢を抑えてポールポジションを奪ったセナ組のレベリオン。

2月22日(土)、米国テキサス州オースティンのサーキットof theアメリカス(COTA)で、2019-2020年WEC(FIA世界耐久選手権)第5戦ローン・スター・ル・マンの公式練習と予選が、最近再舗装された路面と、非常に低い路面温度のコンディションで行なわれ、ブルノー・セナ組のレベリオンがポールポジション、トヨタ・ガズー・レーシングのTS050 HYBRIDは、2-3番手となった。

第5戦は、他と違う2デーレースのスケジュールで、22日に2回のフリー走行と予選が行なわれ、23日(日)の6時間の決勝レースに向けてグリッドが決まった。

ドライバーズランキングで首位に立つマイク・コンウェイ、小林可夢偉、ホセ・マリア・ロペスのTS050 HYBRIDは、最大値となったサクセス・ハンディキャップを乗り越えて2番手グリッドを獲得。セバスチャン・ブエミ、中嶋一貴、ブレンドン・ハートレーの8号車は、3番手から、トヨタ・ガズー・レーシングのCOTA初勝利を目指す。

 

中嶋一貴
「最初のアタックラップは、最終セクターでやや守りに入ってしまい、2周目のアタックラップではプッシュし、タイムを更新することはできましたが、レベリオンを破るまでには至りませんでした。過去のレースを見ても、ライバルはCOTAでとても強いようですが、6時間の長丁場では何が起こるか分かりません。でききるだけ多くのポイントを獲得すべく、全力で戦います。

◆WEC第5戦 ローンスター・ル・マン公式予選LMP1クラス結果
1. B.セナ/G.メネゼス/N.ナトー レベリオンR13・ギブソン 1:47.530
2. M.コンウェイ/小林可夢偉/J-M.ロペス トヨタTS050 HYBRID 1:49.161
3. S.ブエミ/中嶋一貴/B.ハートレー トヨタ TS050 HYBRID 1:49.431

【STINGER】
photo by Marius Hecker / AdrenalMedia.com

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン190ポイント
2位バルテリ・ボッタス135ポイント
3位マックス・フェルスタッペン110ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG325ポイント
2位レッドブル173ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more

NEXT RACE

ロシアGP
ソチ・アウトドロモ

開催日
2020/09/25〜09/27
(日本時間)