F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   新人パロウ、インディカーに衝撃!!

NEWS

新人パロウ、インディカーに衝撃!!

赤いパロウ。最後のグリーンフラッグでライアン・ハンターレイ イをパスして3番手へ!!

ウィスコンシン州エルクハートレイクで行なわれた2020インディカー第3戦で、23歳のスペイン人、日本のスーパーフォーミュラ、スーパーGTでの活躍したアレックス・パロウが、インディカー3戦目とは思えない素晴しいレースを見せ、アメリカをビックリさせた。

第3戦では、わずか75分のプラクティスで、デイルコイン・レーシング・チーム・郷の新人は、予選14番手から、コースを完全にマスターする活躍を見せ、レース1を3位でゴールした。

「それはボクたちにとって素晴らしいレースでした」と55ラップを走りきったパロウ。

「今日は大変な1日でした。ロード・アメリカを走るのが初めてだったので、フリープラクティス/予選/レースの1デイイベントは大忙し」

「幸い本当に強いクルマを持っていて、最初の2ラップで何台か追い抜くことができ、その後、クリーンエアでオーバーテイクのペースがありました。最初の2回ピットストップでいくつかポジションを失ったけれど、最後のピットストップはみんなが素晴らしく、P4でレースに戻りました」

特筆すべきは、パロウのリスタートの上手さ、特に、残り8周の最後のフルコースコーションからのグリーンフラッグでパロウは、大胆な動きでライアン・ハンターレイを軽々とパスして3位にポジションを上げ、2位のウィル・パワーに照準を合わせた。結局パワーの前に出ることはできなかったが、ごぼう抜きの走りでインディカーの全員に強烈なインパクトを与えた。

「初めてのコースで、75分の練習時間しかないのは本当に大変でした。3位でゴールできたことは、ボクにとっても自信になりました。クルーも一体感があり、クルマは本当に強力でした」

これまで、難易度の高いロードアメリカで、新人が表彰台にたったことはない。

次のレース2は、ダブルヘッダーとして日曜日正午(日本時間翌13日午前1時)にスタートする。

また、5日後には、これも経験のないショートオーバルのレースが、アイオワ・スピードウェイで、金曜日と土曜日の夜のダブルヘッダーで経験する。

「日曜日は興味深い日になるだろうし、アイオワ州も厳しい日になるだろうけれど、楽しみたいと思います」

【STINGER】
photo by INDYCAR

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン107ポイント
2位マックス・フェルスタッペン77ポイント
3位バルテリ・ボッタス73ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG180ポイント
2位レッドブル113ポイント
3位フェラーリ55ポイント
more

NEXT RACE

ベルギーGP
スパ-フランコルシャン・サーキット

開催日
2020/08/28〜08/30
(日本時間)