F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

ドラマ満載のスーパーGT第5戦!!

 

巧みな戦略とドライビングで完璧な勝利を飾ったコバライネン/中山組のスープラ。

10月4日に富士スピードウェイで行なわれたスーパーGT第5戦『たかのこのホテル FUJI GT300km RACE』で、ヘイッキ・コバライネン/中山雄一組のDENSO KOBELCO SARD GR Supraが今季初優勝を飾った。2位も大嶋/坪井組のWAKO’S 4CR GR Supraが続き、GRスープラがホームコースの富士スピードウェイで1-2フィニッシュをなし遂げた。

全8戦中の前半の4戦は、新型コロナウイルスの影響で無観客だったが、第5戦は、今年初めて人数制限などの対策して観客を迎えての開催となった。

4日日曜日も気温は21℃と肌寒い天候の中での決勝レースは、午後1時ににスタートしたが、寒さをはね飛ばすドラマが66周レースで連発するレースになった。

スタート直後、1コーナーでの中団グループが接触が起き、1周目からセーフティカーが導入。波瀾の幕開けとなった。

52周目、平川に抑えられている3位の車両を坪井がパス。その勢いのまま、翌周のストレートで14号車坪井は37号車平川もかわし、2位へとポジションアップ。激しい2位争いが展開する一方、トップの中山雄一の39号車は、早めのピット作戦で燃費とタイヤをマネージメントし、後続との差を保ったまま首位をキープ。最後は2位に10秒以上の差をつけてトップでゴール。今季初勝利は、コバライネンのGT500通算5勝目、中山雄一の通算2勝目となった。

2位は、12番手グリッドから怒濤の追い上げを見せた14号車。全戦入賞を続け、ポイントリーダーに。

ヘイキ・コバライネンのウィンニングコメント
「最高のレースになりました。今年はコロナ・ウイルスの影響で世界中が大変な状況になり、ボク自身も最初の2ラウンドに参戦できず、第3戦からの参加になりました。チームも前半戦で苦戦していたけれど徐々に改善を進めてきました」

「今日は、最初はタイヤの暖まりが悪く苦戦したけれど、暖まってからは好調で、何度かミスもしましたが、前のライバルに近づくことに集中してうまくいったと思います。ピット戦略は抜群のタイミングだったし、ピット作業も素晴らしく速かった。チームメイトの雄一も素晴らしい走りでした」

「そして何より、モータースポーツファンの皆様を観客として迎え入れた今季最初のレースで勝つことができて本当に嬉しいです。声援を送ってくださった皆様のおかげです。感謝しています!!」

中山雄一のウィンニングコメント
「ヘイキさんのピットインがライバルとほぼ同じタイミングだったけれど、作業の速さでは定評のある我がチームの素晴らしいピット作業で前との差を縮めることができました。確かにタイヤの暖まりは良くなかったけれど、前を行くライバルの方が辛そうだったので、ピットアウトして1周目にパスすることができました」

「首位には立てたものの、まだ40周近く走らなくてはならないので、タイヤもセーブしなくてはならず、また、燃費も厳しいと言われ、色々やることのあるスティントでした」

「マージンのあるトップは気持ちよく走れることが多いですが、燃費が厳しく最後までそわそわしながらの走りで、残り2周で燃料切れのサインが出て、大丈夫かと思ったらファイナルラップの最終コーナーでガス欠症状が出るなど、かなり焦りながらのフィニッシュでした」

「今シーズンはチーム体制ががらりと変わって、うまく意思疎通ができない中でのスタートでしたが、新たに加わってくれた脇阪監督のおかげでみんなレベルアップできました。TRDやタイヤメーカー、チーム工場の皆さんにも一番いいプレゼントを届けられたと思います。そして、何よりお客さんが入ってくれている前で優勝できて、本当に最高でした」

スーパーGT第5戦トップ10
<GT500>
1. DENSO KOBELCO SARD GR Supra H.コバライネン/中山雄一
2. WAKO’S 4CR GR Supra 大嶋和也/坪井 翔
3. ARTA NSX-GT 野尻智紀/福住仁嶺
4. KeePer TOM’S GR Supra 平川 亮/N.キャシディ
5. RAYBRIG NSX-GT 山本尚貴/牧野任祐
6. Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 武藤英紀/笹原右京
7. WedsSport ADVAN GR Supra 国本雄資/宮田莉朋
8. カルソニック IMPUL GT-R 佐々木大樹/平峰一貴
9. ZENT GR Supra 立川祐路/石浦宏明
10. KEIHIN NSX-GT 塚越広大/B.バゲット

GT 300を征した藤波/オレベイラ組のGT -R。

<GT300>
1. リアライズ 日産自動車大学校 GT-R 藤波清斗/J.P.デ・オリベイラ
2. ARTA NSX GT3 高木真一/大湯都史樹
3. LEON PYRAMID AMG 蒲生尚弥/菅波冬悟
4. 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 吉田広樹/川合孝汰
5. TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 嵯峨宏紀/中山友貴
6. JLOC ランボルギーニ GT3 小暮卓史/元嶋佑弥
7. ADVICS muta MC86 阪口良平/小高一斗
8. グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口信輝/片岡龍也
9. Studie BMW M6 荒 聖治/山口智英
10. GAINER TANAX GT-R 平中克幸/安田裕信

【STINGER】
photo by GTA

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン205ポイント
2位バルテリ・ボッタス161ポイント
3位マックス・フェルスタッペン128ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG366ポイント
2位レッドブル192ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more

NEXT RACE

アメリカGP
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ

開催日
2020/10/24〜10/26
(日本時間)