F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   佐藤琢磨、波乱のインディカー最終戦を10位で締めくくり

NEWS

佐藤琢磨、波乱のインディカー最終戦を10位で締めくくり

最終戦は10位でゴール。

10月25日、フロリダ州セントピーターズバーグの市街地コースで行なわれた2020年インディカー・シリーズ最終戦の決勝レースで、No.30 パナソニック/Mi-Jack ダラーラ・ホンダの佐藤琢磨は10位でチェッカードフラッグを受けた。

13番グリッドからスタートした琢磨は、33周目にピットストップするまでに5番手に浮上。13番手でコースに戻り、56周目に2回目のピットストップで12番手、74周目にこのレース4回目となるリスタートで、琢磨は9番手まで挽回した。

琢磨はハーヴェイをパスしたものの、2台は接触。アンドレッティのタイヤをウィングでカットしてしまった。その後、琢磨は6番手を走行しているときに、集団の後方に回るよう指示されて15番手。さらにコーションや、ライバルのドライブスルー・ペナルティ、さらにはひどい雨が降り始めるなどの波瀾の中で10位でフィニッシュした。

この結果、琢磨はシーズンポイントを348ポイントとして、キャリア・ベストの7位でシーズンを終えた。

佐藤琢磨のコメント
「タフなレースでしたが、セント・ピーターズバーグに戻ってこられて嬉しく思います。一時は6番手になり、トップ5フィニッシュも可能に思われましたが、アンドレッティの2台が関係するアクシデントに巻き込まれてしまいました」

「確かに、ボクたちは多少接触しましたが、残念なことに、アクシデントは回避可能だったとして責任を問われ、集団の最後尾に回ることになりました。これでボクのレースは終わったも同然になりましたが、それでもグレアムに続く11位でフィニッシュできたのでよかったと思います」

「本当に、驚くべきシーズンでした。エンジニアのエディ・ジョーンズ、そして担当メカニックたちに、もう一度、お礼を申し上げます。RLLは本当に素晴らしい仕事をしました。2021年も彼らと一緒に仕事ができることを誇りに思います」

「ただし、今日はもう少し上のポジションでフィニッシュしたかった! いずれにしても、本当に素晴らしいシーズンでした。2021年に、またお目にかかりましょう!」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン205ポイント
2位バルテリ・ボッタス161ポイント
3位マックス・フェルスタッペン128ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG366ポイント
2位レッドブル192ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more
情報なし