F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   スーパーGT最終戦は僅差のチャンピオンバトル必至!!

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

スーパーGT最終戦は僅差のチャンピオンバトル必至!!

最終戦の富士スピードウェイは、スープラが本領発揮!?

11月8日に8戦中の第7戦を行なった2020スーパーGTは、僅差のポイントランキングで最終戦を迎える。

第7戦終了時点で、塚越広大とベルトラン・バケット、平川亮が51点でリーダーの座にいるが、3番手と4番手の松田次生/ロニー・クィンタレッリ、山本尚貴/が2点差で迫り、5位以下も1点差でひしめく大混戦になっている。

富士スピードウェイで行なわれる2020スーパーGT最終戦『2020 AUTOBACS SUPER GT Round8 たかのこのホテル FUJI GT300km RACE』は、タイトルを掛けた熱い闘いが必至の状況になっている。

ちなみに、富士スピードウェイは、ポイントをリードする平川亮を筆頭に、トヨタGAZOO RACINGのスープラが得意とするコース。

2020スーパーGTポイントランキング(8戦中7戦終了時)
1. 塚越広大/B.バゲット 51
2. 平川亮 51
3. 松田次生/R.クィンタレッリ 49
4. 山本尚貴/牧野任祐 49
5. 野尻智紀/福住仁嶺 48
6. 大嶋和也/坪井翔 47
7. N.キャシディ 46
8. 関口雄飛/S.フェネストラズ 45
9. 中山雄一 42
10. 立川祐路/石浦宏明 37

[STINGER]山口正己
photo by GAZOO RACING

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER