F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   ルーキー大湯、涙のスーパーフォーミュラ初優勝!

NEWS

ルーキー大湯、涙のスーパーフォーミュラ初優勝!

スーパーフォーミュラ初勝利の感激にむせぶ大湯都史樹。コクピットを降り、マシンに仁王立ちして“1番!!”をアピールした後、座り込んで感涙にむせんだ。

2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦『第19回JAF鈴鹿グランプリ』の決勝レースが鈴鹿サーキットで行なわれ、今年スーパーフォーミュラにステップアップしたルーキーの大湯都史樹(ティーシーエス・ナカジマレーシング)が感涙の初優勝を飾った。

福住を引き連れてチェッカーを受ける大湯。

レースは、コースレコードでポールポジションを奪ってレースを牽引していたニック・キャシディーが白煙を吹き上げてストップしたのを始め、前回の第5戦同様、3回のセーフティ-カー導入や、ドライバーランキング上位ドライバーがマシントラブルで消える荒れ模様となった。

大湯都史樹に続いたのは、予選5位からスタートした福住仁嶺(ドコモ・チーム・ダンディライアン・レーシング)。終盤は2台が以下を大きく引き離す展開。3位には、予選10番手から追い上げたベテランの関口雄飛(イトウチュウエネクス チーム インパル)が続いた。

次戦、第7戦 富士スピードウェイは、12月19日(土)・20日(日)に富士スピードウェイで開催され、年間チャンピオン決定の場になる。

【STINGER】
photo by JRP

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン205ポイント
2位バルテリ・ボッタス161ポイント
3位マックス・フェルスタッペン128ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG366ポイント
2位レッドブル192ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more
情報なし