F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   トヨタGR010ハイブリッド・ハイパーカー公開!!

NEWS

トヨタGR010ハイブリッド・ハイパーカー公開!!

洗練のフォルムを見せるトヨタGR010ハイブリッド。すでに昨年のオートサロンでお披露目され、ルマン24時間の舞台でデモランを行なっているが、さらに進化して洗練されている。

トヨタ・ガズー・レーシングは、2021WEC(世界耐久選手権)新時代を前に、 ニューマシンの“GR010 ハイブリッド・ルマン・ハイパーカー”の最終バージョンを公表した。

トヨタ・ガズー・レーシングは、TS050 HYBRIDで培ったノウハウを投入たこのGR010で、ルマンを3連勝したディフェンディング・チャンピオンの継続を狙い、ケルンのTMGと東富士の研究所で、開発が進められる。

GR010ハイブリッドは、3.5リッターV6のツインターボ・エンジンは、680馬力が後輪を駆動、アイシンとデンソウのモーターがフロントタイヤに272馬力を伝え、合計500kw(680馬力)の4輪駆動となり、すでに2回の3日テストを消化して万全の準備を進めている。

ドライバー・ラインナップは、これまでと変わらず、ディフェンディング・チャンピオンのマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペスがゼッケン7を、セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンダン・ハートレーがゼッケン8を担当。ニック・デ・ブリースがテスト&リザーブ・ドライバーとして登録されている。

レーシングカーのTS050 HYBRIDから市販を前提としたハイパーカーになったことで、サルテ・サーキットのラップタイムは10秒ほど遅くなるとみられているが、TS050より162kg重く、パワーも32%少なく、さらにボディサイズが、全長が250mm、全幅が100mm、全高が100mm大きくなっているGR010ハイブリッドが、どんなタイムで走るのだろうか。

◆2021WECスケジュール
1. 3月19日 セブリング
2. 5月1日 スパ-フランコルシャン
3. 6月12-13日 ルマン
4. 7月18日 モンツァ
5. 9月26日 富士
6. 11月20日のバーレーン

[STINGER]山口正己
photo by GAZOO RACING

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン205ポイント
2位バルテリ・ボッタス161ポイント
3位マックス・フェルスタッペン128ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG366ポイント
2位レッドブル192ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more
情報なし