F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

インディカーでパロウ初優勝!!

インディカーのデビュー戦を勝ち取ったバロウ。

快晴のバーバー・モータースポーツパークで、2021NTTインディカーシリーズ開幕戦『ホンダ・インディ・グランプリ』が18日に、収容人数2万人の制約の中で決勝レースを行ない、アレックス・パロウが優勝した。

パロウは、チャンピオン&インディ500ウィナーであるウィル・パワーとスコット・ディクソンを抑え、チップ・ガナッシ・レーシング移籍初戦を、インディカー・シリーズ史上最も僅差の0.4016秒差で勝ち取った。

「やったよ!」とパロウ。「素晴らしし!! チーム全員がいい仕事をし、最高のクルマで闘えた。この力をキープします」

70周レースは、2ストップと3ストップに分かれた戦略の中で、パロウが、パワーやディクソン、エリクソンたちとともに2ストップを選び、追いすがるパワーを振りきった。

「すべてが順調に進んだよ。燃費、タイヤ管理、ペースも良かったです」

スタートでは、2度のシリーズチャンピオン経験者のジョセフ・ニューガーデンが、アウト側のダートに足を取られてスピン、アンドレッティ・オートスポーツのチームメイトであるコルトン・ハータとライアン・ハンター・レイ、アロー・マクラーレンSPのフェリックス・ローゼンクビスト、カーリンのマックス・チルトンを巻き込むアクシデントが置き、ニューガーデンとライアン・ハンターレイがリタイアした。

また、インディカーに闘いの舞台を移したロメイン・グロジャンは、デビュー戦を10位でゴールした。

次のレースは、4月25日日曜日のセント・ピーターズブルクのファイアストーン・グランプリ。4月23日金曜日のフリー走行で幕を開ける。

【STINGER】
photo by INDYCAR

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン69ポイント
2位マックス・フェルスタッペン61ポイント
3位ランド・ノリス37ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG101ポイント
2位レッドブル・ホンダ83ポイント
3位マクラーレン53ポイント
more
情報なし