F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   佐藤琢磨のインディカー第2戦6位入賞コメント

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

佐藤琢磨のインディカー第2戦6位入賞コメント

4月25日にフロリダのセント・ピーターズバーグで行なわれた2021年NTTインディカーシリーズ第2戦で佐藤琢磨は15番手からスタートし、追い上げて6位に入賞した

予選で15番グリッドの琢磨は、スタートでマクラフリンとパロウを仕留めて13番手で周回を重ね、ジョンソンのアクシデントをきっかけとするコーション後のリスタートで、ヒンチクリフとバトルを繰り広げた影響でニュータイヤに交換が遅れたものの、ハンターレイとオワードをパス。さらに29周目に他車のピットインで9番手に駒を進め、35ラップ目に最初のピットストップを行うまでに6番手に浮上してチェッカードフラッグを受けた。

佐藤琢磨のコメント

「素晴らしいレースを戦ったと思います。チームは正しい戦略でタイヤを選択、最初はブラック・タイヤ、続いてオルタネートのレッド・タイヤ、最後にブラック・タイヤを装着しましたが、これはボクたちのマシーンにとって正しい戦略でした」

「マシーンのバランスにも不満はありませんでした。ボディワークに軽いダメージがあって、この部分が少しばたついていたので、ダウンフォースをいくぶん失い、ドラッグも多少増えていたと思います」

「それにしてもディクソンは速く、ボクはよりハードにプッシュしました。全般的に見て、予選後、チームは素晴らしい仕事をしたといえます」

「シールドクリアランスとパナソニックのサポートを受けたNo.30のチームは、今回も信じられないような働きぶりを示してくれました。いまは次のテキサスのレースを楽しみにしているところです」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER