F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   佐藤琢磨14位–インディカー第4戦テキサス レース2

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

佐藤琢磨14位–インディカー第4戦テキサス レース2

2021年5月2日にテキサス州フォートワースでダブルヘッダーで行なわれたオーバルの2021年NTTインディカー第4戦で、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのパナソニック/Mi-Jack ダラーラ・ホンダを駆る佐藤琢磨は14位でフィニッシュした。

予選が悪天候でキャンセルされたため、琢磨はポイントランキングに従って11番グリッドからスタートしたが、オープニングラップの多重クラッシュの影響で最初の18ラップはフルコーションとなり、そのリスタートで琢磨はハータをパスして10番手に進出したが、59周目にはローゼンクヴィストの先行を許して11番手に後退。64周目には最初のピットストップで、右リアタイヤがインパクトレンチのトラブルに見舞われて遅れ、16番手でコースに復帰。119周目にコーション中に2度目のピットストップを実施。15番手でレースを再開した。

166周目には13番手から3番手のピットストップを行ない、ライバルのピットインで首位に浮上。そのまま12ラップを周回、その後211周目のピットストップで14番手でコースに復帰し、そのままゴールした。

佐藤琢磨
「テキサスのレースはボクたちにとって不運なもので、なにもかも裏目に出てしまいました。スタートはうまくいき、その後はトップ10圏内で周回を重ねていきまが、最初のピットストップのトラブルでラップダウンとなりました。その後、懸命に追い上げてリードラップに返り咲きました」

「そこまではよかったものの、そこで僕たちはライバルと異なる戦略、異なるピットシーケンスで走行し、これはうまくいっているようにも思えたのですが、その後、イエローに捕まってしまいます。これで僕たちの戦略は台無しになり、ふたたびラップダウンとなりました」

「難しいレースでしたが、いいデータが手に入ったものと期待しています。次戦のインディGPまでにはオフがあり、これに続いてインディ500が行われます。もちろん、僕たちはシーズン最大のレースを楽しみにしているところです」

次のインディカー・シリーズは5月15日にインディアナポリス・モーター・スピードウェイのインフィールドの『GMR GRAND PRIX』に続いて、天王山のインディ500を迎える。

【STINGER】
photo by INDYCAR

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER