F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   NSX-GT、ポールポジションから初勝利!!

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

NSX-GT、ポールポジションから初勝利!!

逃げ切り優勝を決めた

2021AUTOBACS SUPER GT第2戦『たかのこのホテル FUJI GT 500km RACE』の決勝レースが、5月4日(火・祝)に静岡県の富士スピードウェイで110周のレースを行ない、GT500クラスはNo.17 Astemo NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)が、好タイミングのピットインからトップに立ち、後半の追撃を凌いで優勝。

GT300クラスはYNTIUM LMcorsa GR Supra GT(吉本大樹/河野駿佑)が初優勝を飾った。

前日に続く五月晴れの下、午後2時30分に500kmの決勝レースがスタート。予選2位のNo.8 ARTA NSX-GT(福住仁嶺)がダッシュを決め他のに対してポールポジションのNo.19 WedsSport ADVAN GR Supra(宮田莉朋)は6位まで後退。3周目にMOTUL AUTECH GT-R(ロニー・クインタレッリ)にマシントラブルが発生してストップしたため、セーフティカーが導入される波瀾の幕開けになった。

終盤、ENEOS X PRIME GR Supra(山下健太)の果敢なアタックを交わして、Astemo NSX-GTAstemo NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)が逃げ切って今季初優飾った。

GT300クラスの序盤は、ポールポジションのSUBARU BRZ R&D
SPORT(山内英輝)が逃げ、ARTA NSX GT3(佐藤蓮)とSYNTIUM LMcorsa GR Supra GT(河野駿佑)が追いかけ、最初のピットインでタイヤ無交換作戦を敢行した埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田広樹/川合孝汰)がトップに立つがマシントラブルで脱落。SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT(吉本大樹/河野駿佑)が初優勝した。

結果
■GT500
■GT300

【STINGER】
photo by GTA

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER