F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   ポルシェ+ペンスキーのハイパーカープログラム

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ポルシェ+ペンスキーのハイパーカープログラム

ポルシェがペンスキーとジョイントして戻ってる。再び、トヨタとの闘いが観られる。写真は、2016年。

ポルシェは、インディカーなのどを中心に活躍するチーム・ペンスキーとジョイントしてWEC(FIA世界耐久選手権)の新クラスであるハイパーカークラスの開発協力に合意した。

この合意は、WECだけでなく、北アメリカのシリーズIMSAウエザーテックへのファクトリーエントリーも含まれ、両者の契約と複数年になる。

オリバー・ブルメ ポルシェAG会長

「チーム・ペンスキーとのパートナーシップを嬉しく思います。ポルシのモータースポーツの歴史で初めて我々は2つの世界で最も大きな選手権に公式参戦します。このために大西洋をまたいで2つのレースのためのベースを作ります。これはルマンやデイトナ、セブリングでの勝利のために必要な組織が作れます。」

フリッツ・アンツインガー・ポルシェ・モータースポーツ社長

「ポルシェとペンスキーはレースの世界で豊かで成功した歴史を持っています。このパートナーシップは2006年と2008年の間に当時のアメリカンルマンシリーズでその力を見せました。チーム・ペンスキーはモータースポーツの世界でほぼ完璧な成績を上げ、その名を築きましたが、その勝利のリストには、まだルマンの名前が刻まれていません。2023年からの戦いで、ポルシェとペンスキー・モータースポーツはそれを実現すると願っています。またこれでポルシェの大きな夢であるルマン20勝を成し遂げられます」

ロジャー・ペンスキー・チーム・ペンスキー社長

「ペンスキーにとって今日は大事な日です。ペンスキーは60年にわたって、アメリカでポルシェのエージェントを務めている。ポルシェとともにグローバルなプロジェクトをスタートし、勝利やタイトルを狙います」

フレデリック・ルキアンFIA WEC社長

「モータースポーツの世界でプレスティージのあるチーム・ペンスキーとポルシェがハイパーカーで参戦するのは素晴らしいことです。新しいハイパーカークラスへのバリューを高め、FIA WECの輝く未来を示しています」

【STINGER】
photo by FIA WEC

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER