F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   日産、LMP1プログラムに米国人ドライバーを検討

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

日産、LMP1プログラムに米国人ドライバーを検討

マシンの全貌ももちろんだが、ドライバーも気になるところ。

日産は9月18日(木)、2015年から挑戦するル・マン及びFIA世界耐久選手権(WEC)のLMP1(ル・マンプロトタイプ1)チームに起用する、米国人ドライバーの発掘を始めると発表した。

これにより、GTアカデミーによるゲーマー出身ドライバーにも、カテゴリー最高峰への門戸が開くこととなる。

日産は元米国GTアカデミー勝者、ブライアン・ハイトコッター、スティーブ・ドハティ、ニック・マクミレンに加え、過去の米国ファイナリストたちにも、日産LMP1チームのテストを受けるチャンスが与えられると発表した。

また、日産LMP1チームは米国インディアナポリスにも拠点を置き、新マシンのテストを行っていく。
Photo by 日産自動車株式会社
[STINGER レーシングナビ]
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER