F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > レーシングナビ >   【WEC】日産が新たなドライバーを発表、松田次生がル・マンへ

レーシングナビ F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

【WEC】日産が新たなドライバーを発表、松田次生がル・マンへ

15-209-GTRlm.jpg
今回発表されたのは、松田次生、ハリー・ティンクネル、オリビエ・プラの3名。今後さらに6人が追加発表される。

日産は2月5日(木)、今季のFIA世界耐久選手権(WEC)および、ル・マン24時間レースに参戦するNissan GT-R LM NISMOのドライバー3人を発表した。

フランスのパリで、ACO(西部自動車クラブ / ル・マン24時間レース主催者)によるシーズン前の記者会見で発表を行い、松田次生、ハリー・ティンクネル(イギリス)、オリビエ・プラ(フランス)の3名の起用を発表した。

世界中から9名のドライバーが集められる予定で、残りの6名や、ドライバーの組み合わせは今後に発表される。

また、WECには2台がエントリーし、ル・マン24時間は1台追加した3台体制で臨む。ル・マンでのカーナンバーは、#21(ル・マン)、#22、#23(WEC)となることも併せて発表した。

今回、トップカテゴリーであるLMP1クラスのドライバーに抜てきされた松田次生は、昨年はスーパーGTでタイトルを獲得し、2013年のWECでは、富士ラウンドにLMP2クラスからスポット参戦した。

イギリス出身のハリー・ティンクネルは、2014年のヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(ELMS)で活躍し、初参戦のル・マン24時間ではLMP2クラス優勝を果たしている。

フランス出身のオリビエ・プラは、世界屈指のスポーツカー・ドライバーのひとりであり、LMP2では強豪ドライバーとして活躍。WECの富士ラウンドにも2012年の初年度から来日し、参戦している。
Photo by 日産自動車株式会社
[STINGER レーシングナビ]
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER