F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > スティング君の部屋 >   6年目の快挙!!

スティング君の部屋 F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

6年目の快挙!!

6年目にしてオーバーオール初優勝の星野敏さん。鈴鹿での勝利は、快挙だ!!

30回目を迎えた鈴鹿サーキットの日本GP。みなさんも、いろいろな企画で思い出に浸ったと思います。往年のF1ドライバーが、ステアリングを握って実際に鈴鹿の日本GPを走ったF1マシンで全開走行を見せてくれた『レジェンドF1』も素晴らしかったけれど、サポートレースも“事件”が起きたんだ。

“事件”が起きたのは、サポートレースのポルシェ・カップ・カー・ジャパン。ポルシェ911GT-3のワンメイクで行なわれる通称“PCCJ”最終戦。

なんと、世界一難しいといわれる難攻不落の鈴鹿サーキットで、ジェントルマン・ドライバーが、プロドライバーを向こうに回して優勝した!! タイトルを争う近藤翼と上村優太の闘いを尻目に、スタートでダッシュを決めて逃げきったのは、星野敏選手!!

近藤と上村は、このレースで上村が優勝し、近藤が3位以下ならポルシェ・ワークス・カラーの上村優太が逆転という際どlポイント争いを展開していたのだけれど、ジェントルマン・ドライバーの星野敏選手が、その二人の前で逃げきって見事な優勝を飾った。

優勝した星野選手に早速突撃取材。星野さん、謙虚に喜びを語ってくれました。
「スタートでうまく前に出られましたが、中盤、タイヤがタレてきて、デグナーでリヤが流れて一気に間隔を詰められてヒヤッとしたんですが、運良くその先のヘアピンでイエローフラッグが出て、助かりましたよ(笑)。あとは、立ち上がりだけを(スリップを使って抜かれないように)気をつけてゴールを目指しました。ジェントルマン・クラスでは勝ったことはありますが、オーバーオールで優勝できたのは初めてなんです。PCCJは6年目なんです。嬉しいですねぇ!!」

星野選手は、日本人ルマン・ウィナーの荒聖治選手たちをサポートしつつ、自らステアリングを握って、PCCJだけでなく、スーパーGTのGT300やスーパー耐久に参戦する“D’station Racing”の代表。この勝利を弾みに、さらにモーターレース活動を充実させてくれそうな予感!!

photo by [STINGER]

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン366ポイント
2位セルジオ・ペレス253ポイント
3位シャルル・ルクレール252ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング619ポイント
2位フェラーリ454ポイント
3位メルセデス387ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER