F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > スティング君の部屋 >   段差を隠すカバーって?[スティングくんの”そうだったのか!!”]

スティング君の部屋 F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

段差を隠すカバーって?[スティングくんの”そうだったのか!!”]

今年のF1マシンも、先月28日のロータスを皮切りに、続々と新車が発表されている。去年のトレンドだった段差ノーズは賛否両論だったけど、今年は段差にカバー取り付けOKになった。

130201sfstingkun001 (1).jpg
こちら、フェラーリの新車、F138。去年の、階段のようなノーズの段差は、今年は無くなっている。これは、カバーを着けてあるのかな?

130201sfstingkun001 (3).jpg
どんなカバーが付いてるのか?と思って観てみたけど……、あれ? もしも”カバー”が付いているなら、カバーとノーズの間につなぎ目があるはずだけど、そのようなものは、写真では確認できない。

130201sfstingkun001 (2).jpg
少し上からのアングルでも、この通り。フタになっているようには見えない。

130201sfstingkun001 (2b).jpg
ぼくは、その「フタ」って、こういうふうなフタだと思っていたのだけど……?

130201sfstingkun001 (5).jpg
では、この段差はどこへ行ったんだろう?

130201sfstingkun001 (7c).jpg
昨年のマシンに今年のマシンを重ねて較べてみた。段差部分にうっすら見えているのがニューマシンのノーズ。これがカバーではないとしたなら、レギュレーション違反になってしまう高さだ。

130201sfstingkun001 (6).jpg
で、ぼくが思ったのは、段差ノーズに、「ノーズ型カバー」をかぶせてしまっているんじゃないかということ。

130201sfstingkun001 (7).jpg
実は、段差ノーズの”本体”が中に隠れていて……

130201sfstingkun001 (7b).jpg
このようにして、「フタ」をかぶせているんじゃないかな?上からかぶせるだけがフタではないからね!

これはあくまで想像であるけど、つなぎ目が確認できない以上、こんな方法が考えられるね。昨年のマシンが640kg(ドライバー、燃料込み)、今年のマシンが642kg(ドライバー、燃料込み)で、2kg増えているのは、まさかこんな構造のためだったりして。っと思ったんだけど、重くなったのは、ピレリのタイヤが4本1セットで合計2kg重くなったからなんだ。もしかすると、5日(火)から始まるプレシーズン・テストで、カバーの正体がわかるかもしれないね。

[スティングくん]

↓ギャラリーでも、ノーズの形状をチェックしてみてね。
F138(2013年型)のギャラリーはこちら
F2012(2012年型)のギャラリーはこちら

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER