F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース > 2017年12月24日  F1よりWECが上だった–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと92日

NEWS

頂点のニュースを、スティンガーの視点で

2017年12月24日

F1よりWECが上だった–カウントダウン企画 2018F1GP開幕まであと92日


93からつづく)

F1が楽しみになる、あんな話、こんな話。

日本でのレースは、1960年代に花開いたが、当初は、F1を中心とするフォーミュラカーではなく、ルマン24時間を中心とするWECの前身である世界スポーツカー世界選手権の『メイクス選手権』、もしくはアメリカとカナダを舞台に繰り広げられていた『CAN-AM(カナディアン・アメリカン・チャレンジカップ)』に参戦する大排気量2座席スポーツカーを踏襲する方向に興味が集まっていた。

この辺りの詳細は、STINGERで連載中の『リキさんのレーシング日本史–マイワンダフルサーキット』をご覧いただくとして、1960年代に日本の情報を元にモータースポーツに興味を持った多くのファンの憧れは、F1よりむしろスポーツカーであり、スティーブ・マックィーンの映画『栄光のルマン』がその集大成のような役目をになうことになり、海外の雑誌を講読していた一部のエンスージアストを除けば、F1の興味が盛り上がるのは、1976年に富士スピードウェイスピードウェイで行なわれた日本初のF1GP『F1世界選手権inジャパン』から後だった。

情報の量と同時に、1970年周辺の頃にメイクス選手権の人気が高かったのは、フェラーリ、フォード、ポルシェなどが開発に多額の予算を投入していたからでもあった。以前は、F1よりメイクス選手権やCAN-AMの方が、華やかだったのだ。

(91につづく)

[STINGER]山口正己
photo by [STINGER]

 


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1ルイス・ハミルトン345
2セバスチャン・フェッテル302
3バルテリ・ボッタス280
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
順位コンストラクタポイント
1メルセデスAMG668
2フェラーリ522
more

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。