F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

NEWS

頂点のニュースを、スティンガーの視点で

ボイスレコーダー
2018年4月11日

「今夜だけはこの瞬間を楽しみたい」–田辺豊治TDのバーレーンGP

バーレーンGPの予選を終えたとき、開幕戦の低迷を払拭する6位と11位のポジションに対して、「うまくまとめてくれました」とドライバーを立てた。レースへの深い理解を現わす田辺豊治テクニカルディレクターのコメントだった。 ゴー・・・

続きをみる

2018年4月10日

ガスリーの正体–スーパー・フォーミュラで見せた完璧な能力

バーレーンGPで見事4位に食い込んだピエール・ガスリー。スーパー・フォーミュラで無限のアドバイザーとしてガスリーに接した岡田秀樹さんは、「今までみたことがないトータルパフォーマンス別格のドライバーです」と太鼓判だ。 岡田・・・

続きをみる

2018年2月20日

田辺豊治新テクニカルディレクターに訊く 準備はいかがですか?(その2)

(その1からつづく) 山口:トロロッソのファクトリーの雰囲気はよかったですか? 田辺:設計やエンジニアリングルームでは、周りとコミュニケーションを取りながら、物を作ったり組立てている作業場では、数人が共同で効率良く作業を・・・

続きをみる

2018年2月19日

田辺豊治新テクニカルディレクターに訊く 準備はいかがですか?

1月1日付けで、2016年と2017年を担当した長谷川祐介F1プロジェクト総責任者に代わって、田辺豊治テクニカルディレクターがF1の現場責任者に就任した。 ホンダはこれまで、新井康久開発責任者を2015年、長谷川祐介F1・・・

続きをみる

2017年8月4日

次の数レースは心配していない(フェッテル)–ハンガリーGP決勝トップ3会見より

フェラーリがメルセデスを完全に封じ込んだオンガロリンクのハンガリーGP。ここで流れは変わるのか。 QUESTIONS FROM THE FLOOR —-表彰台に上がった3人は、来年の契約がまだだと思いますが。・・・

続きをみる

2015年6月22日

歴史に残るベルガーの名司会!–オーストラリアGP表彰台会見

再びヨーロッパ・ラウンドに戻って、週末を通して、一貫した速さをみせて、輝きを取り戻したニコ。予選のミスを決勝スタートで見事に取り戻した。 オーストリアGPの表彰台でインタビュアーを担当したゲルハルト・ベルガーの明るいキャ・・・

続きをみる

2015年3月14日

新井ホンダF1レーシング代表—「メルボルンにいることが大事」

左から、新井康久ホンダF1レーシング代表、マグヌッセン、レースディレクターのブーリエ、バトン。パドックのマクラーレンのホスピタリティブースで。 マクラーレン・ホンダは、厳しいデビュー戦を迎えている。予選の最初の関門である・・・

続きをみる

2015年3月13日

新井ホンダF1レーシング代表–「ハードのトラブルは、ない」

2015年F1GP開幕戦の日がやってきた。フリー走行2回を終えて、ホンダは、ここでも、充分に走ることができなかった。 フリー走行1でバトンとマグヌッセンのマクラーレン・ホンダは合計13周、フリー走行2では、マグヌッセンが・・・

続きをみる

2015年2月11日

新井代表会見 1/2 (ホンダF1記者会見)

10日(水)に東京-青山にあるHondaウエルカムプラザ青山で「Honda F1記者会見/McLaren-Honda 2015」がおこなわれ、会見に参加したマクラーレン・ホンダのアロンソとバトンと共に、ホンダF1レーシン・・・

続きをみる

2015年2月11日

F.アロンソ会見 – 質疑応答(ホンダF1記者会見)

10日(水)に東京-青山にあるHondaウエルカムプラザ青山で「Honda F1記者会見/McLaren-Honda 2015」がおこなわれ、会見に参加したマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトン・・・

続きをみる

2014年11月24日

小林可夢偉会見【アブダビGP(日)】 「ブレーキトラブルで止むなし」

レース後、チームの記念撮影に納まる可夢偉。ポテンシャルはエースのはずだが、ウィル・スティーブンスの方が上に書かれたボードに注目。 一時は、チーム離散の危機にあったケータハムがなんとか参戦にこぎ着け、可夢偉は、最終戦に参加・・・

続きをみる

2014年11月23日

小林可夢偉会見:【アブダビGP(土)】 「ギリギリかと思ったら案の定」

◆ホテルを抜けたコーナーで ・・・・2回目のアタックでタイム更新できませんでしたが。 可夢偉:壁に軽く擦りました。 ・・・・ホテルを抜けた後のコーナー? 可夢偉:そうです。 ・・・・フロントですか、それともリヤ? 可夢偉・・・

続きをみる

2014年11月22日

小林可夢偉会見:【アブダビGP(金)】 「バランスの部分をがんばれば、もうちょっといける」

・・・・クルマの感触は? 可夢偉:もうちょっとバランスの部分でがんばれば、もうちょっとイケルと思います。 ・・・・アンダーステアが強い? 可夢偉:そういう問題ではなく、ちょっとずつ、詰めれるところを詰めれば。 ・・・・今・・・

続きをみる

2014年11月20日

可夢偉会見全録【アブダビGP(木)】 「次に来る人につなげたい」

◆連絡が来たのは月曜日 ・・・・改めて、アブダビGPに出場できるのは、驚きですか? 可夢偉:ビックリですねぇ。かなり。 ・・・・オースチンのアメリカGPでは、こういう展開は? 可夢偉:想像しなかったですね、正直なところ。・・・

続きをみる

2014年9月20日

今晩の宿題はかなりある(可夢偉に訊く–シンガポール金曜日)

7月末のハンガリーGP以来、久々に金曜日初日からフルジュールでの参戦となったシンガポールGP。ライバルのマルーシアの後塵を浴びた可夢偉の走行後会見。 —-車の感触はいかがでしたか? 可夢偉:あんまり思ったより・・・

続きをみる

2014年4月20日

可夢偉、レース後のコメント

小林可夢偉は、ここでもケータハムをチェッカードフラッグまで運んで、17位でゴールした。最終ラップにビアンキ+マルーシアを見事に抜きさってのゴールだった。 ※その後、レースコントロールの間違いで、56周レースの55周目にチ・・・

続きをみる

2014年4月19日

可夢偉、予選後のコメント

雨の予選で、可夢偉は、Q1を通過できなかった。しかし、18番手は、新興チームの中では最も早いタイムを記録した結果だ。今年初めて、まともに走れている週末を過ごしている。 —-昨日のセットアップは? 小林可夢偉(・・・

続きをみる

2014年3月13日

可夢偉会見全録/rd1-木曜日 「やってみなければ分らない」

1年間の空白を挟んで、小林可夢偉がF1の現場に戻ってきた。開幕戦のアルバートパークで会見に臨んだ可夢偉は、その空白期間を感じさせず、いつものにように、ひょうひょうとした対応を見せた。 —-ここは、時差がないか・・・

続きをみる

2013年10月10日

可夢偉/浜島フェラーリ特別会見!!

フェラーリF1チームが、日本のファンのために、日本人メディアを集めて特別会見を開いた。開幕を明日に控えて準備に余念のないフェラーリのパドックのチームスイートで、14時30分から、マイクの前に座った、AFコルセでフェラーリ・・・

続きをみる

2013年7月20日

【佐藤公哉 独占インタビュー】F1初テスト、「満足度は80%。早くもう一度走りたい!!」

F1初テストを無事終えた公哉。エンジニアにフィーリングを伝える。コミュニケーションは、当然、問題なし。 シルバーストンでの若手ドライバー・トレーニングテストでF1を初体験した佐藤公哉に、セッション終了後に国際電話でインタ・・・

続きをみる

2013年6月19日

ホンダF1復帰特別会見全録4/4

(ホンダF1復帰特別会見3/4からつづく) 1983年にデビューした第二期、ウィリアムズやマクラーレンに搭載されたホンダ・ターボが最強伝説を作った。 写真は、1987年にワールドチャンピオンを獲得したウィリアムズFW11・・・

続きをみる

2013年6月18日

ホンダF1復帰特別会見全録3/4

(ホンダF1復帰特別会見2/4からつづく) 第三期は、惜しまれつつ”撤退”を余儀なくされた。                        photo by [STINGER] 『ターボコンパウン・・・

続きをみる

2013年6月17日

佐藤公哉インタビュー(4/4) ◆番外編〜ガンダムが大好き〜

ガンダムのステッカーが貼られた、公哉愛用の名刺ケース。その4(3/4からつづく) ◆インドア派のレーサー?!STG:普段、休みの日とかは何して遊んだりしてるんですか?公哉:えっとー、周りから、今年チームメイトの黒田選手や・・・

続きをみる

2013年6月16日

佐藤公哉インタビュー(3/4) ◆単純に席が空いたということに対しては喜ぶべき

その3(2/4からつづく)◆単純に席が空いたということに対しては喜ぶべきSTG:今23歳でしょ?公哉:はい、23です。 STG:23歳は、決して若くないからね。公哉:そうですね。 STG:だから焦る必要はないんだけど。良・・・

続きをみる


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1セバスチャン・フェッテル54
2ルイス・ハミルトン45
3バルテリ・ボッタス40
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1メルセデスAMG85
2フェラーリ84
3レッドブル55
more

NEXT RACE

アゼルバイジャンGP(バクー)
アゼルバイジャン/バクー・シティ・サーキット

開催日
2018/04/27〜04/29
(日本時間)

PARTNER [協賛・協力企業]

  • 株式会社トムス

F1スティンガーはF1の最新ニュースやその他モータースポーツを独自の視点でにより
F1ライブ中継、F1レース結果、F1フォトギャラリー画像の他さまざまなモータースポーツに関する情報をいち早く配信します。