F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

松下信治のポールポジションは快挙だ!!

唯一の1分30秒台。快心のラップが決まった。

と、思わずさけんでしまった。松下信治がイタリアGPのサポートレースのF2でポールポジションを奪った瞬間だった。

モンツァは、長いストレートをシケインでつないだレイアウトで、マシンのポテンシャルがタイムに大きく影響することで知られる。しかし、松下が所属するARTのここ数戦を見る限り、マシンが優位にあるとは考えにくい。その状況でのポールポジション。だから松下信治は、「これが欲しかった!!」とツイッターにコメントした。

前戦のスパ-フランコルシャン(ベルギーGP並催)では、セットがままならず、意気込みすぎてオールージュでクラッシュ、軽い火傷を負った松下だったが、逆にそこで吹っ切れたかも、というのが周囲の意見。

新たな気分で乗り込んだモンツァで、今度はチームも持ち込んだイニシャルセットが決まった。この流れをレースでも活かしてほしい。レースは“流れ”が案外大切、ということで!!

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン69ポイント
2位マックス・フェルスタッペン61ポイント
3位ランド・ノリス37ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG101ポイント
2位レッドブル・ホンダ83ポイント
3位マクラーレン53ポイント
more
情報なし