F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1に燃え、ゴルフに泣く日々。 >  >   トロロッソの前身、ミナルディを思い出したガスリーの4位

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

トロロッソの前身、ミナルディを思い出したガスリーの4位

雨の鈴鹿で、ジャンカルロと。

トロロッソは、イタリア語でレッドブルの意味だが、ファェンツァのこのチームの元祖は、ジャンカルロ・ミナルディという情熱的なイタリア人が創設したチームだった。

「100の予算を与えられたら、普通は20をポケットに入れて80で運営するけれど、ジャンカルロは、120かける奴」という話がまことしやかにささやかれていた。

ファエンツァの自動車デーラーを営むジャンカルロ・ミナルディはそういう人だった。商売としては下手かもしれないが、情熱的には、他を圧倒していた。

そういう男がボスのミナルディ・チームだから、の逸話は数限りない。

◆パーツよりもチーズ
たとえば、FOCA便。ヨーロッパ以外のアウェイのグランプリは、当時、コンストラクターの団体であるFOCAが用意したチャーター便でマシンやパーツを運搬していた。ジャンポジェットでも積載量には限度があるので、チームごとに搭載量が与えられた。弱肉強食の欧州の慣例として、成績のいいチームは多く、悪いチームは少なく。ミナルディに与えられるのは常に少量だった。

なのに、このチーム、少ない積載量の中で、パルマさんのチーズ“パルメジャーノ”の固まりを積んだ。さらに、それでも足らないバルメジャーノは、メカニックのスーツケースに小分けして運ばれたのだ。

そこまでしても食にこだわるチーム。モーターホームで移動するヨーロッパラウンドはもちろん、世界中のどこでも、ミナルディのパスタの美味しさは圧倒的だった。セナも、頻繁に食事に通ったのがミナルディのモーターホームだった。

◆ウノ・ポイント!!
1988年、マクラーレン・ホンダが16戦15勝という凄まじい大活躍をした年だ。第6戦とし手行なわれたデトロイトのアメリカGP。いつものように、セナが優勝、プロストが2位で、マクラーレン・ホンダが1-2だったのだが、ミナルディのピエル-ルイジ・マルティニが6位に入賞した。ゴール後のミナルディのピットは大騒ぎ、メカニックが“ウノ・ポイント、ウノ・ポイント”と抱き合って泣いていた。涙を流す、とうそういうレベルではなく、まるで迷子の幼稚園児のように、え~んえ~んと声を上げていた。

そのことを伝えると、ホンダF1プロジェクトのリーダーだった後藤治さんが、「勝ち続けると、そういう時代があったことを忘れちゃうんだ。いいことを教えてもらってありがとう」と礼を言われた。

ミナルディには、レースの基本を教わった。今回のトロロッソ・ホンダの4位で沸き立つピットを見て、ときは流れ、名前が変わっても、ファエンツァの想いが変わっていないことを確信した。

※こんな話も

[STINGER]山口正己
photo by TOROROSSO


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン95ポイント
2位セバスチャン・フェッテル78ポイント
3位バルテリ・ボッタス58ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG153ポイント
2位フェラーリ126ポイント
3位レッドブル80ポイント
more

NOW RACE

モナコGP(モンテカルロ)
モンテカルロ市街地サーキット

開催日
2018/05/24〜05/27
(日本時間)