F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

コロナ情報 を正しく見抜こう–実態と情報のアンバランス

 

◆世を挙げてコロナヒステリーが収束に向かっている。いや、ヨーロッパがパンデミックの中心地になった、というニュースが届いて、安閑とはしていられない状況だが、冷静な判断をしておきたい。

◆騒ぎが大きくなったのは、マスコミと小中学校を休みにした政府の責任だ。日本だけでなく、世界的に政府や管轄団体は、慎重に伝えた結果、誤ったイメージが伝わってしまった。結果として出歩けないムードになって、疲弊した思考回路になってしまっている。

◆コロナを甘く見ろとは言わないが、同じ時期にインフルエンザで何人死んでいるか、という比較をせず、あたかもコロナが史上最悪だ、という流れだ。実のところコロナは、かかっても要は風邪の一種で、即座に死んだり重症になったりはしない、というのが専門筋の意見だが、テレビではそういう表現がほとんどなく、データを比べれば一目瞭然のことを、地球最後の日のような伝え方。“流行りのフレーズで視聴率を取れる”、というのが大方の理由だろうが、なんともはやだ。

◆もちろん、コロナウィルスは、ただの風邪より若干やっかいだ。油断すると肺炎のリスクもある。日本で肺炎は、ガン、心臓病に次いで3番目の死亡原因だから軽視はできない。特に高齢者が肺炎に変移する可能性が高く事故防御はしなければならないだが、注意喚起ならまだしも、恐怖をあおった結果、ヒステリー化した一般大衆がマスクの買い占めに走り、ついでになぜかティッシュやペーパータオルまでなくなる怪奇現象が日本列島に巻き起こった。

◆そもそも、手洗いとうがいは、2016年からの3年間の統計で平均1000万人がかかったインフルエンザでもやるべきことで、いまさらコロナだからというのもおかしい。ちなみに、1000万人のインフルエンザに比べて、コロナウィールスの発症者は何十万分の1だ。正しいデータを認識して、正しく怖がりたい。

◆新型コロナが、はしかのように空気感染するというのもウソ。分かっている医者は、“コロナよりインフルエンザの予防接種を”と言っているが、ここまでダラダラと怖がらせた結果、出歩かない、外食をしない、などなど、経済を疲弊させる状況が徹底して広まって、その波及効果が頭をもたげてくるのはこれからだ。

◆手洗い、うがいを徹底しつつ(当然、インフルエンザ対策も兼ねて)、一人一人が正しく考えて、日本の経済を窮地から救うことを考えなければならない。外は春だ!! 

photo by [STINGER]

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more

NOW RACE

オーストリアGP
レッドブルリンク

開催日
2020/07/03〜07/05
(日本時間)