F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

何が起きても受けとめて「す」「き」「ぱ」「み」「ぱ」!?

           笑顔の恩恵、絶大です。

◆エイプリルフールは終わった。これはマジメなオススメです!!

◆コロナ騒動が新たな問題を抱えた。COVID-19直接ではなく、直接ではなく、そいつが引き起こすマインドの病だが、ウィルスの拡散同様、各々が自ら治せる。

◆プラス思考で疑心暗鬼をぶち壊せ!?
自ら治せるが、考え方を切り換える必要がある。要は、ダメだと思ったらダメになるけれど、プラス思考で実行すればマインドを明るくできる。

いま起きている現象で疑心暗鬼の心が生まれそうだ。具体的に言うと、『誰かを疑ったり敵視する思考回路』。そいつから身を守りたい。

◆お馬鹿さんは放っておこう
中国人がアメリカでマスクを爆買、動画で『アメリカ人が使うマスクを無くしてやった』と笑顔のYou-Tube。この女は放っておこう。マズイのはそこではない。

ドイツで、フリーランスに5000ユーロが配られ、対比して日本政府の対応の遅れが指摘された。日本政府はマスクなんか配っている場合かよ、とは思うが、マズイのはそこではない。

マズイのは、その思考回路で情報を受け取り続けると憎悪の心が生まれてしまうこと。心が荒んでいいことはひとつもない。

◆ほうれい線を持ち上げる!?
目の前の状況を取り上げてへつらって、憎悪の心を育むのを辞めよう。マイナス思考を浮かべないようにして、ほうれい線を持ち上げよう。

ほうれい線を持ち上げるって、何言ってんだと思うかもしれないが、脳内ドーパミンが分泌されるのだ。試してみると、確実に効果があることがすぐに分かる。反対に憎悪はそのドーパミンの分泌を阻害する。

◆「す」「き」「ぱ」「み」「ぱ」!?
いろいろな方法の中で簡単なのは、【スキパミパ運動】

できれば大きな声を出したいが、声を出さなくてもいい。「す」「き」「ぱ」「み」「ぱ」という発音を、それぞれ2~3秒ずつで1セット。これを繰り返す。数回で筋肉が潜在意識を刺激してドーパミンが分泌される。

大切なのは、ほうれい線を持ち上げる「き」「み」の部分。他はドーパミンに信号を送る表情筋を柔らかくするストレッチと思えばいい。

ばかみたい、と仰らず、是非とも!!

レッツ「す」「き」「ぱ」「み」「ぱ」

[STINGER]山口正己

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more

NEXT RACE

アゼルバイジャンGP
アゼルバイジャン/バクー・シティ・サーキット

開催日
2020/06/05〜06/07
(日本時間)