F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

水滴型という懐かしいフレーズ

 

◆0-300km/hがわずか12.8秒というマクラーレン史上最速の『スピードテール』。そのままアクセルを踏み続けると、250マイル/h=403km/hまで加速する。このパフォーマンスは、4.0リッターV8ツインターボ/ハイブリッドの1070馬力という凄まじい出力や、1,430kgという軽さも貢献しているが、高速域で効いているのは、ティアドロップ(水滴型)のボディェイプだ。

◆水滴型という言葉を聞くのは久しぶり。板を水滴型で覆うと、空気抵抗は1/20になるというデータもあるが、マクラーレンは、650ベースの『CANAM』に続いて、1960年代を思い出させるニューカーを登場させている。

マクラーレンCANAM。

◆1960年代といえば、アメリカとカナダを舞台に、排気量無制限の2座席スポーツカーのCANAMシリーズが爆発的人気を博し、チャパラルのジム・ホールが“発明”したウィングが登場し、ダウンフォースという言葉がデビューした時代だが、ダウンフォースの重要性に気づくまでのレーシングカーの空力は、ひたすら空気抵抗との戦いだった。その王道だったのが、最も抵抗の少ない水滴型だった。

※次回は、空力の基本についてお届けします。

[STINGER]山口正己
Photo by McLaren

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more

NOW RACE

オーストリアGP
レッドブルリンク

開催日
2020/07/03〜07/05
(日本時間)