F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

犯人は、オレ?

 

犯人は自分だったって、笑えない。

◆ここ1年くらいで、足が頻繁に攣るようになったのを手始めに、あちこちに不具合が出てきた。ちょっとした階段を上がるだけで息切れするという日常的な体力減退とともに、老朽化の波が押し寄せている。

◆筋肉の“攣り”は、野菜に多く含まれるカルシウムの取りすぎと医者に言われた。牛肉を食うのがいいらしいが、これまでは逆だと思っていた。野菜がよくないって、初耳。

◆カルシウムが悪さをして毛細血管に詰まる? 原因はともかく、その後、右手の人指し指と中指がビリビリし始めた。血流が詰まって血が行き場を失ってもがいている感じ。

◆指先だけのうちは問題はないが、放っておいて動脈や静脈が詰まると、心臓だったら心筋梗塞、脳なら脳溢血、足なら静脈瘤の恐れ。名物広報部員だったMさんは、静脈瘤で両足を失った後に亡くなった。

◆次は視力の低下。効き目の左目の奥にかすかに重痛い感じがあったが、深夜2時ころにベッドで横になったら、何やら視界の1/5くらいにおかしな像がでている。網膜剥離を患った友人から聞いた前兆症状に似ている。以前も経験があるので、左目をつぶってじっと我慢。やがて像は消えたが、問題は、寝られないことだった。

◆入眠剤のハルシオンは、効果抜群で後も引かないので気に入っていたのだが、副作用があることを聞いた。すでに半月ほど続けていたので、ジャンキーになる可能性があるらしい。怖くなって呑まずに寝たら、まったく寝られない。

◆なんとか寝ようと本を読んでみるも、左目を閉じて視力が悪い右目だけなので、楽ではなく、かえって目が冴えて結局朝まで寝られないことになった。

◆原因は、入眠剤もあるのだろうが、実は食い過ぎの可能性も否定できない。笑い話のうちに、解決しなくちゃだ。

◆寝られなかったら徹夜すれば翌日は寝られる、というやり方を思い出した。しかし、若い頃は効果的だったその方法が効かなくなっている。全体に間隔が鈍くなっているようだな。と感心している場合じゃないが、今日は、ハルシオンを呑むか呑まないか迷う。

◆その前に、すでにビールと日本酒を飲んでつまみと夕食で腹一杯になっている。若い頃に、二日酔いで朝起きられずに“も~、酒やめた!!”と誓ったその夕方に深酒するというクセが、全然直っていないじゃないか!!

photo by [STINGER]

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン205ポイント
2位バルテリ・ボッタス161ポイント
3位マックス・フェルスタッペン128ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG366ポイント
2位レッドブル192ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more
情報なし