F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

つんまくってチダラマッカチン

 

65年前の写真が出てきた(本文とは関係ありません←だったら出すな!!)。多分、カコちゃんと3歳の私。カコちゃんは、お袋の妹で、横田基地の米兵と結婚してロスに住んでいた。あ、増毛という意味では、このころはふさふさだった。当り前か。

◆料理番組が好きでYou-Tubeをよく観る。フレンチのシェフだが、素人にできる料理を紹介してくれるオテルド三國の三國シェフの番組もお気に入り。砂肝のオイル煮と海老のバターヌ醤油炒め載せ目玉焼きは、簡単本格的美味なので、週に5回は実行している。

◆海老と言っても桜海老ですけど、こういうところの三國シェフがナイス。素人でもスーパーでさくっと用意できる食材でできるのがいい。

◆ちなみに三國さんは、北海道の増毛のご出身で、これを“ぞうもう”と読んだところでさらに親近感が湧いた。ほんとは“マシケ”だそうですけど。

◆毛つながり(勝手に決めている)だけでなく、本格的なフレンチの話だけれど、素人が参考になる調理法を惜しげなく伝授してくれているので、瞬時にファンになったのだが、ご出身の増毛には方言があって、「だろ」を「だべ」というという。ここでさらに親近感が加速した。オレの故郷の神奈川県津久井郡(現在は相模原市)の相模湖でも、同んなじ「だべ」だからだ。わかってくんろ。

◆北海道と神奈川県が、どうして同じ方言なのかはわからないけれど、今日、相模湖の方言を思い出す事件があった。

◆随分前にも書いた気がするが、相模湖では、自転車で転倒することを「つんまくる」という。今日、まさに「つんまくった」。

◆パソコンの修理を、自転車で15分ほどベアコンピューティングというとても親切ていねいなA部さんにお願いすべく、ノートパソコン3台をリュックで背負って自転車で坂を昇って山田駅を通過し、下りにかかったところで、自転車がチョロチョロ走って交通の邪魔にならないように、いつものように車道の左端からさらに左の歩道に移動しようとした瞬間に、入射角が浅かったせいで、フロントタイヤが“ツン”と滑ってコントロールか効かないままにつんまくった。

◆リュックに背負ったラップトップにショックが加わったんじゃないかと心配したが、ショックが加わったのは、左肘と左膝だった。痛えのなんの!!

◆ありがたいことにそこからしばらく下り坂なので、なんとか立ち直って痛い左手足をかばいつつ下ったが、下ればその後に登り坂が来るわけで、ヒーヒーいいながら、無事(無事か?)に到着。

◆修復アドバイスで解決。お礼を言って、帰宅したので本日はめでたい、と思いきや、家に戻って肘と膝を確認したら、肘も膝もバンドエイドではとてもカバーできないでかい擦過傷で、“チダラマッカチン”というフレーズを30年ぶりに思い出した。

◆修復なったパソコンをメイン機にすべく設定を敢行。2月6日は完璧に内向きの1日になったけど、夕方から創ったカレーが相当美味かったので、○だな。違うと思うけど。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン44ポイント
2位マックス・フェルスタッペン43ポイント
3位ランド・ノリス27ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG60ポイント
2位レッドブル・ホンダ53ポイント
3位マクラーレン41ポイント
more
情報なし