F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

“まったりとF1を語る会”のお知らせ

◆『ギリー・クラブ』(GILLIE CLUB)という会員制メンバー・クラブがある。ギリーとは、イギリスの川釣りのポイントを案内する、ゴルのキャディのような役目のこと。 実は、[STINGER CLUB]という名前はそこからヒントを得たのだが、ギリーを主宰する渡辺代表が、サントリーの広報担当として築いた人脈で、年に100以上のイベントを主催、さまざまな未体験ゾーンに会員を案内している。そのギリーの次回3月24日水曜日、つまり本日20時からのテーマは、ZOOMミーティング 、“まったりとF1を語る会”だ。

◆【STINGER】が協力して、3月26日の開幕戦バーレーンGPのフリー走行が始まる2日前の24日水曜日20時から、マニアではないけれどF1に興味津々の渡辺代表の質問で届けられる。

◆まずは渡辺さんの質問を受け、スティンガー編集長の私山口正己が、ギリー会員のみなさんからの質問にお答えする。“F1”に不安内のはずのギリー会員のみなさんから、どんな質問が飛んでくるのか、ドキドキとワクワクを、【STINGER】の読者のみなさんもご一緒にいかがでしょうか。

◆開幕戦の舞台はバーレーン。ホンダが得意とするコースです。今年のF1は、非常に興味深いシーズンになるずです。理由は山ほどあります。24日は、以下のようなテーマを考えています。

—-

<史上最多の23戦>=コロナ禍の影響で予定されていた車両規則変更が1年伸びたことで、熟成されてチーム間の差が詰まり、闘いが拮抗する。

<シューマッハの長男のミックなどの若手の台頭>=20人の参加ドライバーのうち9人が25歳以下。最年少は日本の角田裕毅。

<8年ぶりの日本人角田裕毅>=これまでとは一味違うタイプのマインドで“鬼退治に行く桃太郎のように小柄な日本人”に世界中から期待が集まっている。

<ホンダはチャンピオンに照準>=F1挑戦最後のシーズンに向けて、ホンダは、サクラとイギリスの研究所で全開の準備に邁進中。

<アロンソ復帰>2年のブランクは、天才には無関係か?

面白さ間違いなしのシーズンを楽しむためのハートチューニングを、飲み物とお摘みを用意して、ご一緒に!!

photo by Honda

 

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン44ポイント
2位マックス・フェルスタッペン43ポイント
3位ランド・ノリス27ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG60ポイント
2位レッドブル・ホンダ53ポイント
3位マクラーレン41ポイント
more
情報なし