F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

3日間6000円で交通費自分持ち

◆何事も初めては大変である、ということにいまさらながら気がついた。スキャナーを持参して、現地でしかお目にかかれないチームのプレス・リリースをお届けすることにした。

◆自宅で長男の協力を仰ぎつつ、スキャンのレベルと縮小のサイズなどをトライしておいた。メタリックや蛍光色のマクラーレンは色が出ないので、その部分を別途、デザイン処理が得意な二男が用意してくれて、そいつを貼り付ける算段まで準備。F1は”整理整頓世界選手権”なので、こちらも万端の準備を整え、水曜日と木曜日に試験送信もばっちりだった。

◆しかし、最初の問題は、リリースが出るころには、中嶋一貴やトヨタの新居章年技術コーディネーション担当ディレクター、金曜日はブリヂストンの浜島裕英モータースポーツタイヤ開発部長の会見があるから、スキャン作業を始められるのが6時過ぎ。さらに、当初予定していた200dpiでは完成度が低くて美しくないことから、400にスキャンレベルを上げたのだが、実際に始めてみたら、スキャン→縮小→整理→1点ずつアップで3時間もかかってしまった。当然、その間、他の作業は一切できない。

◆というとこで、どなたか、リリースをスキャナに挟んでスイッチを押すだけの作業、手伝ってくれませんか。ちなみに、プレスルームまでの運賃はそちら持ちで、時給1000円。2時間で終わるので、金曜日から日曜日までで6000円。あ、贅沢は言わないので、できればうら若き女性がいいなぁ。←一生、一人でやっとけ!!

090417_honjitsu-2.jpg
出られない。

◆帰りのタクシー乗り場までの”ゲーム”が楽しかった。プレスルームのレセプションでタクシーを頼むと、”65番ゲート”とな。どこか分からないよ、と言うと、”私たちがご案内します”と男女二人の若者。それでは、とメインストレートのトンネルを潜ってコース反対側の階段を上がったら、シャッターが降りて鍵がかかっていたのであった。一端戻って別の道を探し、うろうろと行ったり来たり。コンクリートの地下をカン、コン、カン、コンとホッツキ回ってやっとのことで外に出た。まるでテレビゲームみたいな楽しい時間であった。←もう一度やりますか、といわれたら絶対にいやだね。

090417_honjitsu-3.jpg
9階建ての高さ。高所恐怖症にはちと、怖い。

◆プレスルームは、空中回廊部分にある。去年までは、ガラスに飛散防止用網の目模様が付いていたが、今年はきれい剥がされている。メインストレートがよく見えるので、スタートを俯瞰の後ろから眺める幸運に授かれる。日曜日が楽しみ!!

◆本日夕飯は、パター・ポテトとカレー。SBのディナーカレー(中辛)を南富良野振興公社の真空パックのジャガバタと食う。これは相当に美味い。またひとつ持参必須品が増えてしまった。

090417_honjitsu.jpg
真空パック。カレーとのマッチングは最高!!

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン69ポイント
2位マックス・フェルスタッペン61ポイント
3位ランド・ノリス37ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG101ポイント
2位レッドブル・ホンダ83ポイント
3位マクラーレン53ポイント
more
情報なし