F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

ロータスF1チーム500戦記念ボスターセット

◆2012年モナコGPで、ロータスが500GPを記念して、素晴らしいポスターセットを配布した。


◆限定1600セットの美しいA3サイズのボスターが5点が込められたケースは、マット調ベース地に艶のあるコーティングがイラストの上に載せられ、金色の特色と共にクォリティ感を高めている。

◆ところで、ロータスはもっと前に500戦だったはずと思ったが、こちらは、チーム・ロータスではなく、ロータスF1チーム。前身をたどっていくと、ルノー、ベネトン、そしてトールマンに行き着いた。1981年イタリアGPが、トールマンのデビューイヤーであり、そこから始まる500戦である。

◆100戦毎にベストのモナコGPが選出され、その1戦を戦ったもっともインパクトあるマシンとドライバーがイラストの題材。となれば、最初に選ばれているのが、1984年のモナコGPのアイルトン・セナであることも頷ける。

◆貴重なセットをじっくりご覧あれ。

※近日中に、ヤフーのチャリティオークションに出品します。


ロータスF1-500 (1).jpg
大型の文字通りの”化粧ケース”入り。

ロータスF1-500 (2).jpg
コーティング処理が非常に美しい。

ロータスF1-500 (3).jpg
ロメイン・グロジャンの直筆サイン。

ロータスF1-500 (4).jpg
ケース裏側には、500戦のレースを戦ったマシンイラストとドライバー名が、25×20=500が並ぶ。

ロータスF1-500 (5).jpg
金色は優勝マシン。

ロータス500 (1).jpg
最初の1枚は、アイルトン・セナのトールマン。

ロータス500 (2).jpg
2枚目は、ミハエル・シューマッハのベネトン。

ロータス500 (3).jpg
続いて、アロンソのルノー。

ロータス500 (4).jpg
ロベルト・クビカのルノー。

ロータス500 (5).jpg
そして2012年、キミ・ライコネンのロータスが最後を飾る。

ロータスF1-500 (12).jpg
限定1600セットを証明するエリック・ブーリエのサイン入り認証書。認定サインの主であるブーリエは、今年のマクラーレン・ホンダのレースディレクターだ。

ロータスF1-500 (13).jpg
1600セットのうちの499番目。次が500戦目と縁起のいい番号。
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン69ポイント
2位マックス・フェルスタッペン61ポイント
3位ランド・ノリス37ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG101ポイント
2位レッドブル・ホンダ83ポイント
3位マクラーレン53ポイント
more
情報なし