F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1に燃え、ゴルフに泣く日々。 >  >   フェイスブックだけじゃもったいないのでねm(_ _)m。

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

フェイスブックだけじゃもったいないのでねm(_ _)m。

トヨタTS030-Hybridが富士のWEC-JAPANに勝った。フェイスブックにコメントを送ったけれど、そのうち消滅しちゃうのはもったいないのでこっちも。

・・・

WEC-JAPAN優勝の木下美明トヨタ・レーシングチーム代表のコメント。

「このプロジェクトの始まりから、私は富士6時間レースで優勝することを目標に置いてきた。そのような状況下で多くのファンの前でエキサイティングなレースを戦うことが出来、さらに勝利を挙げられたことは格別の気分だ。チーム全体が最高の仕事をして、特別なレースというプレッシャーをはねのけた。最高の戦いをしてくれた、アレックス・ブルツ、ニコラス・ラピエール、中嶋一貴の3人をとても誇りに思う。特に中嶋一貴はサンパウロでの勝利を経験しておらず、今回は彼にとっての初勝利を楽しんでくれたと思う。我々トヨタ・レーシングの全員が、日本の多くのファンの声援に感激し、絶大な支援に感謝している。私は富士6時間レースがWECカレンダーの中で重要なレースとして認められたことを嬉しく思っている。この素晴らしいイベントを開催してくれた富士スピードウェイの努力にも感謝したい」。
(いいね!!)

1台体制でよくぞ勝ったと思う。2台体制なら、戦略の幅が広がって、TS030-Hybridのポテンシャルを持ってすればアウディ打倒は妥当な線(笑)だった。しかし、1台では、ギリギリまで攻め込むこともできない。その状況であることを考えると、TMGのスタッフも、ドライバーも成績以上に褒められてしかるべし←ということをトヨタの上層部が知って、予算をきちんと与えんことを。

F1で培ったテクノロジーを活かし、そして生産車技術にフィードバックして先進ハイブリッド市販車を世の中に届けるために、ここは英断のしどころだ。これが理解できないようでは、トヨタ自動車に明日はない、と断言できる。

ついでに、途中でほっぽりだした可夢偉にも、援助の手を陰でさしのべたら、トヨタを全面的に見直しますm(_ _)m。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン205ポイント
2位バルテリ・ボッタス161ポイント
3位マックス・フェルスタッペン128ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG366ポイント
2位レッドブル192ポイント
3位マクラーレン106ポイント
more

NOW RACE

アメリカGP
サーキット・オブ・ジ・アメリカズ

開催日
2020/10/24〜10/26
(日本時間)