F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

ニュース

◆成田を飛んでパリを経由し、18時間後にバレンシアに到着。ヘトヘトだが、ホテルがきれいだったので勇気が沸いた。夜到着のスケジュールなら、飛行機の中でそれなりに寝て、もう一度ホテルてゆっくり休めるので楽ちんである。が、慣れないベッドは若干寂しい、というところはまぁ、我慢(笑)。

◆時差ぼけを利用して早めにサーキットへ。今回は、歩いて行けるホテルである。去年は、地下鉄で15分ほどのザティバという市役所(ラ・ユンタメンテというのがそれであることを、ゴロの良さで一発で覚えた)の近所で、アーケードにレストランもあるいい感じの場所だったが、かなり高いその安ホテル(グランプリ価格)は、予約を試みた春先にはすでに満室。地下鉄は便利だが、実はサーキットのプレスルームから歩いて15分ほどなのはまだいいとして、夜になると本数が少ないのが不満だった。さりとて、レンタカーを借りるのはもったいない、ということで、歩いて行けるホテルを探して、”アクア3″というサーキットから2kmほどのホテルを発見。グランプリ価格としては、まずまずの740ユーロ。1泊2万円以下なら、文句も言えない。しかし、”グランプリ価格”に慣れてしまっている自分がちと怖いけど。

100624_dinner.jpg
ポテトとチョリソを、白く見える卵でとじている。写真がヘタで色がマズそうでゴメンナサイ。

◆ホテルの欠点は、街から外れているところ、と思ったが、木曜日は若干早めにプレスルームを出られるので、ホテルに戻って外出したら、なんのことはない、ホテルのフロントは4階にあるのだが、その下がショッピングセンターなのであった。当然、高級ではないファミレス的なレストランも並んでいる。そこで、ポテトとサラミの玉子とじスペイン風とラムチョップを食っていたら、背後から君が代が聞こえてきた。思わず振り向くと、テレビでサッカーが始まるところであった。”どうせダメだろう”とタカを食ってラムチョップがちょっと脂っこいと思いながら全部平らげてホテルに戻ると、なんと、2点入っているではないの。このまま勝ったら、日本中が大騒ぎだろう。

◆となると、思わぬところで密かに安堵する人たちがいるかもよ、と意地の悪い意見が聞こえた。”LFAの事故で成瀬さんが亡くなったことを報ずるニュースのスペースが、日本の勝利で確実に減るからね”。世の中、いろんなことを考える人がいるもんだ。

◆亜久里さんの16億円も、逆に、舘さんの立候補も、扱いが小さくなるのだろうか。いずれにしても、モーターレーシングの話題は、こういうことしか大きく報じられないことこそ問題だ。


記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン69ポイント
2位マックス・フェルスタッペン61ポイント
3位ランド・ノリス37ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG101ポイント
2位レッドブル・ホンダ83ポイント
3位マクラーレン53ポイント
more
情報なし