F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

い、痛たたたたた~い!!!

◆曙橋のデザイン事務所で、とっくにお願いするべき企画書の出力を受け取り、霞が関で打ち合わせ。協力組織の正式認可のためには、出資元が先決である、という結論がでた。当たり前と言えば当たり前である。もう少し具体的な予算計算書など揃えて、スポンサー活動に入ることにする。

◆やろうとしていることが荒唐無稽な、まぁ言ってみれば文化的なことなので、ベースが確定していないと詐欺師になってしまう。各方面に迷惑をかけず、実現のためには、まずはベース企画の最低線を固めて、そこから枝葉を延ばしていくべきか。日本GP前後までに時間がありそうでない。その前に、3月15日までに申請書も必要だ。こんな時に限ってF1テストが重なる。神はあくまで、試練を与えてくれようとするのである。

◆出発前に、化膿していた右足親指の巻き爪を見てもらおうと、近所の”外科もあるらしい”というクリニック。いつもは胃腸の調子見てもらっているが、外科はどんなのかな、と半信半疑で受付に保険証を提出。雪のせいか、元々お年寄りが多い病院はガラガラで、1分もしないうちに「山口さん、どうぞ」と呼ばれて診察室。

◆「巻き爪で」と右足指を出した瞬間、看護婦に「ニッパ持ってきて」と先生。いきなり、バチッバチッと、巻いている部分の爪を切ったのである。「もうちょいかな」、と5回もだ。「ヴぇ~!! 痛いいてててて!! うぎゃ~」。「本当は、根元の方まで切っちゃった方がいいんですけど、それだと麻酔をしなくちゃなんないので、こんなもんでいいでしょう、ウンウン」。悪りぃけど、十分、麻酔が必要でしたって(泣)。

◆しかし、医者とは言え、人の爪を、血を出しながらバチバチ切れる度胸にはたまげたが、痛すぎてドンだけ痛かったか忘れた(笑)。だが不思議なことに、塗り薬が麻酔効果があるせいか、曙橋-霞が関-新橋-東京-西八王子の各駅から家まで、多少かばいつつだが問題なく歩けた。人の身体はどうなっちゃっているのだろうか。

◆ところで、だ。なぜ医者に行ったかといえば、巻き爪自体は数日前につめ切りと指先でほじくり返して解決していたが、そこが化膿していたからで、それを見てもらおうと思ったのだった。つまり、いきなりの”バチンバチン”は不要だったかも。だが、爪と一緒に傷の部分も切れ取られて、きっとよくなるのだろう。

◆しかし、問題は、夜になって、多少ジンジンと痛みが来始めていることだ。寝れなかったらどうしょう。と、気になって今日も寝られないかもしれない。

◆写真を掲載しようと思ったが、あまりにグロテスクなので止めた。どうしてもみたい人は、撮影して送ります(←要るか!!)。

◆その代わり、フェイスブックで友達リクエストに応えてくれたジャンニ・モルビデッリ=Gianni Morbidelliの写真をば。2008年のドバイのスピードカーで優勝した時のもの。彼は、イタリアのバイクメーカーモルビデッリの御曹司で、一番好きなチームだったミナルディに乗り、1992年最終戦オーストラリアGPには、プロストの代役でFERRARIに乗った。当時は、かわいい彼女と一緒だったが、「結婚してないけど女の子と住んでいる」というその子が、同一人物かどうか、機会があったら訊いてみたい(笑)。

110309_Gianni-1.jpg
記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more

NOW RACE

アゼルバイジャンGP
アゼルバイジャン/バクー・シティ・サーキット

開催日
2020/06/05〜06/07
(日本時間)