F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

セーフ!

111112_gt.jpg
やっぱりスタートはスタンディングスタートに限る。GT500の第一レースは、凄い迫力だった。

◆今日の富士スピードウェイは、テンション上がった! この感覚は、1973年辺りの富士グラチャンや、1990年、M.シューマッハが来たインターF3の時に似ていた。場のテンションが高くなると、それはドライバーにも当然伝わって、だからいいレースが展開される、という図式。久々に、ファンな気分になってワクワクした。

◆レースはスタンディングスタートだ!という今更な気づきもあった。

◆今回フォーミュラ・ニッポンとスーパーGTがメインレースとして行なわれたが、注目は、スーパーGTのレース方式だ。

◆いつもなら、二人のドライバーが交代し、GT500とGT300が混走するが、今回は、GT300とGT500が別々。さらに、二人のドライバーがそれぞれ、今日と明日の別のレースを戦う。そして、なんといっても、スタート方式は、いつもの耐久レースらしいローリングスタート(隊列を組んでペースカーに引かれてGO)ではなく、スプリントのイメージをかきたてるスタンディングスタート(グリッドに停止してGO)のため、まったく味わいの違う迫力あるシーンから始まって、いつもと違う新鮮なシーンが連発した。

◆12日土曜日は、前日の雨模様を忘れさせる快晴。富士山がきれいだった。フォーミュラ・ニッポンの予選とGT300、GT500の第一レース、歴史を創った著名ドライバーによるレジェンドカップが行なわれたが、圧巻は、GT300。谷口信輝が魅せてくれた!

セーフ.jpg
際どいレース。最終ラップの最終セクターで抜かれたボルシェを、ゴール直前で抜き返し、”セーフ!”の谷口信輝。肝を冷やしたチームのスタッフから、「セーフじゃねぇよ!」と笑い声交じりの怒号が飛んだ。

◆初音ミク・グッドスマイルBMWの谷口は、予選2番手から絶妙なスタートを決めてトップを奪うと、2位以下を突き放して独走状態。が、速すぎた! 22周レースの終盤、タイヤを使い切って、ANKOOK PORSCHEの藤井誠暢に迫られる。果たして、最終ラップの最終区間で藤井がトップを奪取! 万事窮すと思いきや、最終コーナーから立ち上がり、スリップストリームをギリギリまで使った谷口が藤井のリヤバンパーをギリギリにかすめて”セーフ!”の大逆転だ! 超分かりやすいレースが、マニアだけではないはずのスタンドを大いに沸かせた。

◆ところで、このレースを観て思ったのは”場のテンション”だ。富士スピードウェイという”場”のテンションが上がれば、当然、チームやドライバーにもそが伝わって、火事場の馬鹿力と言っては表現が陳腐で申し訳ないが、スペシャルなパワーが出る、というか”出したくなる”。その理由は、年に一度のグランプリという名前だったり、賞金だったり、いつもにはない東西対抗戦だったり、いろいろあるが、”いつもと違う”ムードが、今回の富士にはあった。

◆谷口も見事だったが、同じレースで13番手から3位に入った松浦孝亮も、スーパーパワーが宿ったようだったし、同じく、GT500で、13番手から3位に駆け上がった脇阪寿一にも、何かがとりついたようだった。

◆それが何かがわかれば、日本のレースの明日が明るくなるかもしれない。何が違ったのだろうか?

トムス.jpg

よく見ると、フォーミュラ・ニッポンとGTが同居する不思議な空間。この贅沢なイベント構成も、秘密のひとつかも。


記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン338ポイント
2位バルテリ・ボッタス274ポイント
3位シャルル・ルクレール221ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG612ポイント
2位フェラーリ433ポイント
3位レッドブル323ポイント
more

NEXT RACE

メキシコGP
オートドローモ・エルマノス・ロドリゲス

開催日
2019/10/26〜10/28
(日本時間)