F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

いったい誰のせい?

◆◆DSC06500.jpg

◆いつものように、今回の熊本の震災も、行き過ぎたマスコミの取材姿勢が問題になり、その話題がフェイスブックツイッターを賑わしている。

◆新聞社だかテレビ局のヘリコプターがうるさくて避難のための放送が聞こえないとか、ガソリンスタンドで被災者の列に割り込んでサッサと給油するとか、配給の食事をもらいに行ったら報道関係のクルマで駐車場が一杯だったとか。実態を聞くたびにため息が出る。

◆しかし、どうしてそうゆうことになっちゃったのか、根本の原因を深〜くよ〜く考えてみると、マスコミだけの責任ではない気がしてきた。馬鹿げたマスコミは困りものだけれど、普段から、彼らが流すロクでもない情報をなんともなしに許しちゃっているのはオレたち。馬鹿げた傾向を増長させているこちらにも責任の一端がありそうな気がして、そっちが気になる。

◆政治家に文句を言う前に、誰が投票したかを考えろってのと同じことだ。

◆最近の日本を”一億総コンビニ時代”と呼んでいる。便利はいいけど、本当にいいのか、ということで。何事も、他人のせいにする前に、何故そういうことになっちゃったのかを、これを機会に考えたい。

◆話は飛ぶが、三菱の燃費捏造の話も、似ている気がする。

◆三菱はど〜しようもないと思うし、VWと同じくやってはいけないことをやったと思うけれど、どうしてそんなことになっちゃったのかといえば、『エコと減税とぶつからないクルマ』が中心になってしまっているテレビCFを許しちゃっている風潮にも責任がある。

◆燃費がいい方がありがたいに決まっているけれど、それ以前に『クルマ』という存在がナンなのかを、自動車メーカーによく考えてほしい。ユーザーの我々も考えなくちゃね。

◆日本の基幹産業である自動車が、”単なるよく売れる商品”になり下がっていいのか。売れなければ話にならないけれど、売れればいいだけの商品に成り下がった結果、燃費競争になって、エコはありがたいことに決まっているけれど、メーカーとして当然の努力を売りものにしている風潮に、疑問を感じないことにも問題がある。

◆三菱は明確な罪を犯したけれど、他のメーカーも、この風潮を創った責任がまったくないのか考えてほしい。

◆マスコミをマスゴミという表現を観る度に、寄ってたかってはやし立てるイジメの構造が浮かんでしまう。マスコミのバカさ加減はなんとかしてほしいけれど、普段からそういう輩を野放しにして、時には喜んでそのニュースを聞いてそれを増長させてしまっているのは、テレビの前のオレたちだm(_ _)m。

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位セバスチャン・フェッテル121ポイント
2位ルイス・ハミルトン120ポイント
3位バルテリ・ボッタス86ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG206ポイント
2位フェラーリ189ポイント
3位レッドブル134ポイント
more

NEXT RACE

フランスGP(ル・カステレト)
サーキット・ポール・リカール

開催日
2018/06/22〜06/24
(日本時間)