F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

M3・その2

昨日からつづく)

◆買ったときが3万7千㎞だったが、20年で28万km走った。特に、10年ほど前はゴルフに狂って年に60ラウンドもやっていたので、自然と走行距離が伸びた。鈴鹿にも何度も往復した。アクセル一定を心がけたら、往復でリッター12kmを記録したこともあった。

◆いつだったか、F1日本GPの鈴鹿からの帰りに、クラッチが突然効かなくなって往生した。ペダルを踏んでもスコスコと無反応。JAFを呼んで、一番近いBMWまでレッカーしてもらい、直ぐには治らないので新幹線で帰った。家族4人を乗せていたので、修理代より新幹線代が痛かった。

◆別の年の同じく鈴鹿の帰りの秦野のサービスエリアに駐車したところで、アクセルペダルが効かなくなった。思案の末、回転を3000回転に合わせてリンケージを針金で縛って固定して、クラッチ操作だけで八王子の家まで2時間半かけて帰った。整備不良だけど時効なので許して。

◆その後、オーバーヒートにも遭ったが、交差点で止まっていたら、隣のダンプカーが、突然左に寄ってきて、フロントバンパーをゴリゴリとやられた。外れかかったバンパーを半ば引きづりながら追いかけて、オネエサンが運転しているダンプカーを停めた。「ぶつかってないよ」と言い張るので、警察を呼んで現場検証して認めてもらったが、バンパーだけで修理費が110万円かかった。

◆110万円かかった、というより、簡単に言えば、ある種の修理屋の常套手段らしいが、保険屋と組んで、要らぬところまで被害を大きく報告して、見積を出したようだった。修理工場も保険屋も、バックマージンを受け取っているらしいことにあとで気がついた。

◆オーバーヒートで調布インター手前で水蒸気が吹き出して、やっとのことでインターチェンジを降り、知り合いに修理工場を紹介してもらったこともあった。見立ての上で、パーツが高いというので、ドイツ本社からヘッドガスケットセットを10万円以上出して取り寄せて修理屋に届けたら、修理費が88万円だった。

◆20万kmを超えた頃から、1速に入りにくくなった以外、ミッションはすこぶる快調だった。次に壊れるのはミッションだぞ、高いよ、と知り合いに脅かされていたが、快調のまま、手放すことになった。

◆思い出が尽きない黄色M3だが、いまでは、「今日、東名で捕まっただろう、見てたよ」とオレじゃない黄色いM3を見て電話してきて、違うと言っても信じてくれなかったことが懐かしいが、実を言うと、再び黄色いM3に乗りたくなっている自分に気がついた。いつかまた、会おう。

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more
情報なし