F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

本日の山口正己こんなこと知ってた?
2020年5月18日

『世紀のデッドヒート』

◆テレビにかじりついて観た憧れのCAN-AM。カンナムと読む。アメリカとカナダを舞台に転戦するビッグマシンのレースだ。 ◆初めて新聞でモータースポーツの記事を見たと記憶しているのは、高校生の1966年、砂子義一(塾長のご・・・

続きをみる

2020年5月15日

思い出のラリー

◆フェイスブックでレジェンド・ラリーストの柑本寿一さんが呼びかけた、『昭和のラリーを画像や語らいで懐かしむ集い』にお誘いいただいた。1970年代終盤から10年ほど、F1とWRCと全日本ラリーの担当だったので、その辺しか分・・・

続きをみる

2020年5月14日

ひもじくてもいい、come buck 実戦!!

◆コロナのせいで、久しく海外に出かけていない。最後の海外は去年のシンガポールGP。シンガポールは食生活は苦労しない。なにしろ会場が街中なので、ちょっと歩けばショッピングモールやホテルがあって、美味しい料理にありつける。し・・・

続きをみる

2020年5月10日

人生を変えた憧れのCAN-AM

◆いま、カンナムというと、Kangnamかカンナムスタイルかもしれないが、オレにとってのCAN-AMは、1960年中盤から1970年代序盤にかけて、カナダとアメリカを舞台に繰り広げられた(だからカナディアン・アメリカ・チ・・・

続きをみる

2020年5月7日

次世代バーチャル・レーシング!?

◆3時間ほど寝て自転車で20分ほどの八王子駅近くのハローワークへ。雇用保険の手続をして、一端もどって食事てて昼寝したら、またまた今日がいつかわからなくなった。 ◆昼寝は、夕方にiRacingに備えたものだったけれど、今回・・・

続きをみる

2020年5月6日

マンセルとの思い出

◆1986年イタリアGPのモンツァ。パドックに止められたホンダのモーターホームで、ウィリアムズ・ホンダのナイジェル・マンセルと濃厚接触!? ◆アラン・プロストとネルソン・ピケとタイトルを争う大英帝国のビッグネームとのツー・・・

続きをみる

2020年5月4日

精悍な顔が見たい!!

◆世界中がコロナ禍で、バーチャルに移行している。レース界もしかり。見方によっては、工夫のたまものということで、レーシングな魂を感じないわけではないけれど、ひとつ心配がある。リアルではなくバーチャルが浸透すると、変化が起き・・・

続きをみる

2020年5月3日

ガソリンはどこまで安くなる!?

◆ガソリンの値段が下がっている。10週練続で値下がりし、レギュラー1リットルが、3年4カ月ぶりに130円以下になったらしい。 ◆それで思い出したのは、初代プリウスのカーオブザイヤー授賞。投票を読み上げる発表の場で司会とし・・・

続きをみる

2020年5月2日

全日本アンコ同盟!?

◆1987年に創刊した世界初のF1速報誌『GPX』は、世界各国のF1GP会場で撮影した写真を、いかに早く日本の印刷屋、というより印刷機の元に届けるかが勝負だった。当時は、通信が今のように発達していなくて、モノクロ1枚を送・・・

続きをみる

2020年4月29日

懐かしい写真

◆昔の写真をフェイスブックにあげるのがはやっている。いろいろ物色していたら、面白い写真が沢山出てきた。これもそのひとつ。 ◆1972年の富士スピードウェイでの日本グランプリ。千葉工業大学自動車部で、富士スピードウェイの駐・・・

続きをみる

2020年4月28日

♪野に~咲く花~の、名前は知らな~い♫

◆朝のジョギングが日課になっているが、歩き方が上手くなる、というのも妙な表現だけれど、歩き始めて5日ほどで、なんというか“ガシガシ”歩けるようになった。足腰の筋力がついた気がする。 ◆体調もよくてメシが美味いのだが、もう・・・

続きをみる

2020年4月26日

ウィングからベンチュリーカーへ–空力のおさらい

◆空気抵抗が、水滴型にすることで大きく減らすことができることは、前回お伝えしたが、これを頭に入れて、ヨットが進む原理を考えてみる。 普通の感覚では、風が吹くと押し流されて風下に流されるはずだが、ヨットは、帆のおかげで、風・・・

続きをみる

2020年4月25日

新型コロナの現場から–とある看護師の声

新型コロナと闘う最前線の看護師から、生々しい現場の声が届いた。結論として、“正しく怖がることの重要性”が込められている。 長文だけれど、是非ご一読を。また、拡散も、よろしくお願いします。 —- 東京の大学医学・・・

続きをみる

2020年4月25日

水滴型という懐かしいフレーズ

  ◆0-300km/hがわずか12.8秒というマクラーレン史上最速の『スピードテール』。そのままアクセルを踏み続けると、250マイル/h=403km/hまで加速する。このパフォーマンスは、4.0リッターV8ツ・・・

続きをみる

2020年4月23日

ホンダの挑戦–53年前の感動をありがとう!!

◆感動は、いつも、我々を驚かせるために、じっと隠れてその時を待っている。 イタリアGPでデモラン!!RA300裏話-1◆ストライプの縁取り イタリアGPでデモラン!!RA300裏話-2◆摺り切りいっぱいの燃料 イタリアG・・・

続きをみる

2020年4月20日

我慢と闘う難しさ

◆いまは我慢のとき。その通りだけれど、我慢というのはなかなか難しい。これは、ゴルフの難しさに通じる。どこがって、ゴルフは打つときから我慢し通しだからだ。 ◆ゴルフと野球の違いはいくつかある。野球は9人で闘うチーム戦だけれ・・・

続きをみる

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER