F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

	F1で巡りあった世界の空。山口正己ブログ

本日の山口正己こんなこと知ってた?
2020年1月21日

F1レース数増加はいいことばかりか?!

◆FIAのジャン・トッド会長が、今年22戦に増えたF1GPの開催数に対して、反対を唱える意見があることについて、「増えることに感謝すべき」とコメントして物議をかもしている。 ◆2019年の21戦から、2020年には22戦・・・

続きをみる

2020年1月18日

治癒力も歳を取る

◆当り前のことだが、歳を重ねると体力が減退する。これは誰でも知っていることだ。ちょっとした傷が治りにくくなることを数年前に知った。右足首のくるぶしをガラスの角にちょこんと当てて、サクッと切ってしまった。このくらいの傷なら・・・

続きをみる

2020年1月17日

TMSCエコランがオメメスのこれだけの理由

◆1月25日に富士スピードウェイで行なわれるTMSC主催の『TMSC富士スピードウェイ6時間耐久エコノミーラン2020』に、今年も【STINGERエコラン組】として出場する。このイベントがオススメの理由は、ズバリ、数々の・・・

続きをみる

2020年1月14日

F1は環境問題から逃げてはいない

◆一昨日の続き。エコに限らず、環境問題について、BBC F1に興味深い記事があった。 ◆オーストラリアの火災で、開幕戦が懸念されているF1GPだが、一方で、環境問題に対してF1GPはさらに前進することを決意していることも・・・

続きをみる

2020年1月14日

ウィンドウズ7は危ないというガセネタ?!

◆20201月14日、つまり本日一杯で、ウィンドウズ7がサポートを終了する。これは事実だ。しかし、「サポート終了するから危険になる」というのはウソっぽい。こなれたウィンドウズ7ファンの私は、渋々ウィンドウズ10のパソコン・・・

続きをみる

2020年1月1日

蒲鉾でFAXを送る時代!?

◆時代は巡るというけれど、確かにその通りだ。40年ほどの編集者遍歴で、ずっとついて回っている“通信”がいい例だ。 ◆1987年に、鈴鹿サーキットでF1が行なわれることになり、中嶋悟が初の日本人フルタイムF1ドライバーにな・・・

続きをみる

2019年12月31日

思い出のグランプリ(3)初めて観たF1バトル–1974年F1デモラン

1976年日本GPで初めて生のF1を見てから43年が経過した。その間に、ざっと300戦ほどのF1GPを覗いてきたが、それぞれ思い出深い。 ひとつ選ぶとすれば、初めて生で観た1974年のF1だ。いや、日本に初めてF1GPが・・・

続きをみる

2019年12月29日

なにはともあれ、ネルソン・ピケ!!

◆最も好きなF1ドライバーは、ネルソン・ピケだ。 ◆食事のテーブルに呼ばれたことがあるという理由もあるけれど、ネルソンの開けっ広げなところが大好き。 ◆BMWでルマンに出たとき、“何故また、ルマンなの?”と訪ねたら、「友・・・

続きをみる

2019年12月28日

嗚呼、縁の下の力持ちレンタルカート6時間耐久レース

なんか変だと思っていたら、これだ!! 今年は年中行事がお休みで、年越しができない!!🤲 “テキトー”と言いながら、 微に入り細に入り、楽しさを徹底指揮に追求した年末恒例の“縁の下の力持ちカート大会”のありがたみが、改めて・・・

続きをみる

2019年12月25日

思い出のグランプリ(2)初の海外レース–1977年ロングビーチGP

1976年日本GPで初めて生のF1を見てから43年が経過した。その間に、ざっと300戦ほどのF1GPを覗いてきたが、それぞれ思い出深い。 ひとつ選ぶとすれば、1977年のスングビーチGP。1976年の富士スピードウェイに・・・

続きをみる

2019年12月24日

思い出のグランプリ(1)「ウノ・ポイント」–1988年デトロイトGP

1976年日本GPで初めて生のF1を見てから43年が経過した。その間に、ざっと300戦ほどのF1GPを覗いてきたが、それぞれ思い出深い。 ひとつ選ぶとすれば、1988年のデトロイトGP。弱小チーム、今で言えばウィリアムズ・・・

続きをみる

2019年12月2日

ライコネン?–凄い奴は人相が似てくる?!

メキシコのバハの砂漠上空を“カーボンファイバー・デルタ・ウィング”で飛んだRex Pembertonさん、一見、キミ・ライコネン似ている? photo by REDBULL

2019年10月6日

生沢さんからのメール

レジェンドと言えばこの人、生沢徹さんからメールが届いた。いつものように、自画自賛のサイトの紹介だ。 しかし、その自画自賛、なんの誇張もなく、すべてが本当のことだから恐れ入る。いわば、生沢徹一流のシャレであり、ジョークでも・・・

続きをみる

2019年9月10日

ハミルトンのご立腹

◆昨日、興奮覚やらぬまま徹夜の勢いで、『よっぽど嬉しかったんだろうなぁ』というシャルル・ルクレールを讃える記事を書いたが、数時間寝たら、別の考えがあることに気がついた。ハミルトンは、ルクレールのやり方にいたくご立腹だった・・・

続きをみる

2019年9月9日

アロンソに次ぐ逸材、その名はシャルル・ルクレール!!

    ◆シャルル・ルクレールがモンツァで見事なレースを見せてくれた。 F1にデビューして2年目、フェラーリドライバーになったその年に、フェラーリのお膝元のモンツァで、王者ルイス・ハミルトン&・・・

続きをみる

2019年9月4日

ブラボーではなくて、ブラーヴィ!!

◆ベルギーGPで鬼神の追い上げを展開して7位に食い込んだダニール・クビアトは、ゴール後に無線で、“BRAVI!!”を連発した。ブラボーではなく、ブラーヴィだった。 ◆イタリア語で“やったね!!”を意味するブラボー!!は、・・・

続きをみる


F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン413ポイント
2位バルテリ・ボッタス326ポイント
3位マックス・フェルスタッペン278ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG739ポイント
2位フェラーリ504ポイント
3位レッドブル417ポイント
more
情報なし